平戸城 (観光情報) (観光情報) | 長崎観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

平戸城

平戸城は長崎県平戸市の東に位置し、平戸港を見下ろす丘陵にあります。別名を亀岡城といい、平山城では珍しい山鹿流による城郭となっています。平成18年には日本100名城に選定されています。現在の天守閣は昭和37年に再建された三重五階のもので、敷地は亀岡公園となっています。平戸城へは猶興館前バス停から10分ほど歩いた場所にあります。
歴史
松浦鎮信は豊臣秀吉の九州平定に加わり所領を安堵されました。その後は肥前国平戸藩初代藩主となり、西暦1599年に日の岳城を築城しました。しかし、徳川方に恭順の意があることを示すため1613年に自ら火を放って焼失させました。その後は近代的な城を持たずに御館を藩庁としていました。1702年に幕府に築城の許可を願い、1718年に日の岳城跡に完成したのが平戸城です。山鹿流兵学で有名な山鹿素行と、平戸藩四代藩主が協議して設計されたと云われています。

見どころ
天守閣に登れば平戸大橋など市街を一望出来るだけでなく、平戸市の名所を見渡すことが出来ます。天然記念物に指定されている黒子島の原生林や平戸瀬戸の急潮、さらには壱岐の島も見ることができます。城内には平戸藩主が愛用した乙宮御神号鎧など、平戸藩時代の文化財が数多く展示されています。また、亀岡公園を散策すると至る所に平戸城の昔の姿を垣間見ることができ、なかでも狸櫓と北虎口門は江戸時代から残る建築物となっています。他にも長崎県指定の天然記念物であるマキ並木があります。

長崎人気アクティビティランキング

平戸城 (観光情報) (観光情報) | 長崎観光 VELTRA(ベルトラ)
平戸城は長崎県平戸市の東に位置し、平戸港を見下ろす丘陵にあります。別名を亀岡城といい、平山城では珍しい山鹿流による城郭となっています。平成18年には日本100名城に選定されています。現在の天守閣は昭和37年に再建された三重五階のもので、敷地は亀岡公園となっています。平戸城へは猶興館前バス停から10分ほど歩いた場所にあります。