出島 (観光情報) (観光情報) | 長崎観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

出島

1570年に長崎が開港、1571年にはポルトガル船2隻が初めて入港してから、渡来するポルトガル人は増加し、かなり貿易も盛んになっていきましたが、貿易に関する制度や施設が不十分だったため、取引が終わるまで、ポルトガル人は長崎市内の住民と同居するようになり、キリスト教問題、混血児問題、金銭支払の問題などいろんな不都合な問題が生じるようになりました。そのため幕府は1634年に長崎奉行に命じ、ポルトガル人との同居を禁止し、人工島をつくらせ、そこにポルトガル人を住まわせました。それが出島です。
歴史
出島は、「出島和蘭商館跡」として国指定史跡となっています。鎖国時代の約200年間、日本で唯一開かれていた貿易の窓口でした。現在の出島は、大きく4つの時代の遺構や建物等を展示しています。かつて海に面していた水門、西側ゲートから入場すると19世紀初頭の江戸時代から幕末開国後、明治へと時代をたどることができ、東側ゲートから入場すると、明治から幕末、江戸へと時代を遡ることができます。この出島を通じて、日本とヨーロッパを結ぶ経済・文化交流が行われ、日本の文化に大きな影響を与えました。

見どころ
見どころとしては、出島和蘭商館跡にあり、日本と西洋を結ぶ窓口であった出島を、15分の1の模型で再現している「ミニ出島」や、平成28年10月の完成を目指して、橋があった場所に新たな「表門橋」を架けるという計画が進行中です。出島を長崎の新しい顔となるような再開発が進んでいます。

長崎人気アクティビティランキング

出島 (観光情報) (観光情報) | 長崎観光 VELTRA(ベルトラ)
1570年に長崎が開港、1571年にはポルトガル船2隻が初めて入港してから、渡来するポルトガル人は増加し、かなり貿易も盛んになっていきましたが、貿易に関する制度や施設が不十分だったため、取引が終わるまで、ポルトガル人は長崎市内の住民と同居するようになり、キリスト教問題、混血児問題、金銭支払の問題などいろんな不都合な問題が生じるようになりました。そのため幕府は1634年に長崎奉行に命じ、ポルトガル人との同居を禁止し、人工島をつくらせ、そこにポルトガル人を住まわせました。それが出島です。