吉水神社 (観光情報) (観光情報) | 奈良観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
吉水神社
世界遺産である「紀伊山地の霊場と参詣道」のひとつにふくまれています。もとは役業者により建てられた格式高い修験宗、金峯山寺の僧坊・吉水院でした。明治維新の神仏分離政策が行われたことにより、吉水神社に改称となりました。御醍醐天皇の南朝の皇居であったことから、主祭神は御醍醐天皇を祀っています。あわせて、南朝方の楠木正成、吉水院の住職であった宗信法院が祀られています。南朝の行宮としては唯一現存するものとなっています。
歴史
白鳳の年の天武天皇の頃(673年)に呪術師であり修験宗の開祖とされている役行者が創建した僧坊です。文治元年(1185年)には兄源頼朝に追われた源義経と、静御前が弁慶らとともに隠れ住みました。ここには数々の遺品が残されています。その後、延元元年(1336年)に御醍醐天皇が京より行幸され、吉水院を皇居としました。南朝時代はここからはじまり、現存する南朝時代唯一の行宮となっています。明治に入り、神仏分離政策がとられたため、明治8年(1875)に吉水神社と改められました。

見どころ
吉野山周辺では桜の木をご神木として保護し、植え続けられてきたため、現在では200種約3万本の桜が吉野山全体を覆っています。麓から山頂にかけて、桜が咲きあがっていくので、長い期間桜が楽しめ、桜の名勝として境内からはすばらしい景観が一望できます。文禄3年(1594年)には豊臣秀吉が盛大な花見の宴を催し、その時に御醍後天皇の玉座の修繕などを行なったと言われています。数多くの寄贈した宝物が、今の書院内に義経、静御前、弁慶の潜居の間などと共に重要文化財として展示されていて、悠久の歴史に浸ることができます。また、書院裏庭には邪気祓い所の北闕門があり、勇気と希望を与える究極のパワースポットとして人気が高まっています。

奈良人気アクティビティランキング

吉水神社 (観光情報) (観光情報) | 奈良観光 VELTRA(ベルトラ)
世界遺産である「紀伊山地の霊場と参詣道」のひとつにふくまれています。もとは役業者により建てられた格式高い修験宗、金峯山寺の僧坊・吉水院でした。明治維新の神仏分離政策が行われたことにより、吉水神社に改称となりました。御醍醐天皇の南朝の皇居であったことから、主祭神は御醍醐天皇を祀っています。あわせて、南朝方の楠木正成、吉水院の住職であった宗信法院が祀られています。南朝の行宮としては唯一現存するものとなっています。