薬師寺東塔 (観光情報) (観光情報) | 奈良観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
薬師寺東塔
4.59
法相宗の大本山である薬師寺の大講堂前の金堂を挟んで左手に西塔と右手に東塔があります。東塔は、現在薬師寺に残る建築物のうち奈良時代の唯一のものとなっています。高さは34.1メートル(宝珠を含む)で、江戸時代より前に作られた仏塔としては東寺、興福寺、醍醐寺の五重塔につぎ4番目の高さを誇っています。一見すると六重のように見えますが、1・3・5番目の屋根は裳階(もこし)と呼ばれるひさしの様なもので、構造的には三重の塔になります。
歴史
相輪の柱の最下部には薬師寺の創建と本尊建立の趣旨が漢文でかかれています。塔の建築年代については飛鳥の本薬師寺から移築されたという説と平城京で建てられたという説がありましたが、天平2年(730年)に平城京で建てられたという説が一般的になっています。

見どころ
平成10年(1998年)世界遺産に登録された薬師寺は見どころ満載です。中でも再建された西塔と国宝である東塔は必見です。東塔の屋根の重なりは旋律をかなでるような美しさから「凍れる音楽」と表現されるほどです。上層部の相輪には火災に合わないようにとの願いをこめた水煙が祀られており、透かし彫りされた24人の笛を吹く飛天が舞う姿は大空に仏をたたえていて、1300年の悠久の歴史を感じさせます。ライトアップされるとさらに荘厳な光景を楽しむことができます。現在平成21年より続く解体修理にはいっており、塔の全体が覆屋で覆われているため姿をみることはできませんが、特別写経の行事は行われています。

奈良人気アクティビティランキング

薬師寺東塔の新着体験談

シニアには最高

2020/12/13 カップル・夫婦 ジジ・ババ

紅葉の時期でしたので全体的に大変満足です。法隆寺、中宮寺、薬師寺は、やはり、歴史を感じます。天気が曇っていましたが、見学は、傘を使わず、心は晴天でした、
慈光院の見学に向かう際には、運転手さんも、道路の横断を支援するやさしさに頭が下がりま... 続きを読む

閉じる

あっという間の時間でした。コスパもいいツアー、おすすめです。

2020/12/13 カップル・夫婦 teram24ka3

車なくては個人でアクセスしにくい法隆寺に行きたくて参加しました。学生時代に一度しか訪れた事がない法隆寺。微かな記憶とは違ってとても広い敷地。そこをポイント押させて見れたのもツアーのおかげ。行けて良かったです。中宮寺はあいにく復元中ゆえ行けま... 続きを読む

閉じる

初めてには特におススメです

2020/11/26 ひとりで 奈良好き

車なしでは行きにくい場所がセットになっており、ガイドさんの説明もあり、効率的見学することができて良かったです。
また、見学中にガイドさんが御朱印を貰ってくれたので時間のない中で非常にありがたかったです。
食事で嫌な思いをしたコメントを読... 続きを読む

閉じる

中宮寺など西ノ京の代表的なお寺を垣間見れました

2020/11/21 カップル・夫婦 いちよん

慌しく駆け足に近いツアーでしたが、ざっと把握することが出来ました。今回の体験を元に、次はマイペースで時間的に自由な廻り方をしたいと思います。中宮寺と、最後にバスの窓から見た、平城京の朱雀門が特に印象的でした。

秋の奈良を堪能

2020/11/16 ひとりで あさみ

奈良には何度か観光に訪れたことがありましたが、奈良公園等の主要な観光地しか行ったことがありませんでした。バスツアーということで、行ったことのない場所へ連れて行ってもらえて、多くの国宝仏をはじめ、魅力的な場所を巡ることができて本当に楽しかった... 続きを読む

閉じる

ガイドさん最高

2020/10/24 ひとりで TAKAKO

時々雨で一人だと憂鬱になるところでしたがしたが、ガイドさんがグイグイリードしてくれて、やる気の出ない天気の一日を充実した一日にすることができました。ガイドもとてもわかりやすかったです。オプションの食事も1000円ではコストパフォーマンスが良... 続きを読む

閉じる
薬師寺東塔 (観光情報) (観光情報) | 奈良観光 VELTRA(ベルトラ)
法相宗の大本山である薬師寺の大講堂前の金堂を挟んで左手に西塔と右手に東塔があります。東塔は、現在薬師寺に残る建築物のうち奈良時代の唯一のものとなっています。高さは34.1メートル(宝珠を含む)で、江戸時代より前に作られた仏塔としては東寺、興福寺、醍醐寺の五重塔につぎ4番目の高さを誇っています。一見すると六重のように見えますが、1・3・5番目の屋根は裳階(もこし)と呼ばれるひさしの様なもので、構造的には三重の塔になります。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜