興福寺国宝館 (観光情報) (観光情報) | 奈良観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

興福寺国宝館

4.35
奈良県奈良市登大路町にある興福寺国宝館は、僧侶が集団で食事をする食堂(じきどう)が建てられていた場所に昭和34年(1959年)に鉄筋コンクリート造りの耐火式の宝物収蔵庫として建てられました。食堂と細殿を連結して内部を一堂とする建物で、数多い仏像や寺宝を収蔵し、一般公開する為の利便性を考慮して設計した正面9間(約35.3メートル)、側面8間(約31.8メートル)の本瓦葺き建物です。地下には、旧食堂の奈良時代の後の遺構がそのまま保存されています。
歴史
興福寺は、南都六宗の一つで法相宗の大本山の寺院として知られ、南都七大寺の一つに数えられています。藤原氏の氏寺であり、古代から中世において強大な勢力を誇りました。天智天皇8年(669年)創建で、本尊は釈迦如来です。「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されています。

見どころ
興福寺は、藤原鎌足・藤原不比等ゆかりの寺院です。多くの寺宝が展示されている国宝館は、僧侶が食事をした食堂の跡地に建てられました。国宝館は、その名の通り、国宝級仏像が複数展示されている観光スポットとして注目されています。千手観音菩薩立像は、高さ5メートルにも及ぶ元食堂の本尊で、現在国宝館の中央に安置されています。阿修羅像は、元々はインドで古くから信じられてきた異教の神の一つで仏教で取り入れられました。金剛力士立像は、阿形像と吽形像の二体一組の鎌倉時代の作品です。白鳳時代の現存数少ない仏像の一つである銅像仏頭など貴重な国宝がたくさんあります。

奈良人気アクティビティランキング

興福寺国宝館の新着体験談

奈良定期観光バス 東大寺+春日大社+興福寺 世界遺産の三社寺を巡る半日バスツアー<3時間/JR奈良駅・近鉄奈良駅発>

心から楽しめた

2022/11/22 家族 ぴーちゃん

運転士さんの挨拶やガイドさんの素晴らしい流れるようなご説明がわかりやすく、どの年代の人にもわかりやすい話し方で私を含めツアーに参加された皆さんがとても楽しい時間になったように思いました
そりゃ~バスが満員御礼にもなりますよ
楽しい時間を... 続きを読む

閉じる
奈良定期観光バス 東大寺+春日大社+興福寺 世界遺産の三社寺を巡る半日バスツアー<3時間/JR奈良駅・近鉄奈良駅発>

申し込んで良かったです

2022/11/13 カップル・夫婦 しゅう

どちらの観光地も 近いようで歩けば遠い!
バスでの移動は 荷物は置いておけるしガイドさんの説明も有難いし最高です!

奈良定期観光バス 東大寺+春日大社+興福寺 世界遺産の三社寺を巡る半日バスツアー<3時間/JR奈良駅・近鉄奈良駅発>

初めての奈良旅行

2022/09/15 ひとりで そるふぁす

京都は何度も行きましたが、奈良旅行は初めてでしたので、こちらを利用させていただきました。
結果、大正解。
とてもよかったデス。おすすめです!
3つの見学地は近距離だと思いますが、バスでの移動は効率的かつ快適でした。
なによりガイドの... 続きを読む

閉じる
奈良定期観光バス 東大寺+春日大社+興福寺 世界遺産の三社寺を巡る半日バスツアー<3時間/JR奈良駅・近鉄奈良駅発>

ガイドさんがとても素晴らしかったです

2022/06/11 友達・同僚 シンさん

奈良は、小学生の修学旅行以来でした。ガイドさんが最高に良かったです!聞きやすいし、分かりやすいとても素晴らしかった!

奈良定期観光バス 東大寺+春日大社+興福寺+若草山 世界遺産の三社寺と奈良の風景を一望する半日バスツアー<4時間/ガイド付/JR奈良駅・近鉄奈良駅発>

幻想的な絵画のような景色に感動!

2021/11/26 カップル・夫婦 Tommy

ややしっかりした雨のツアーでした。三か所をガイドさんは丁寧に説明してくださいました。よくわかりました。御朱印帳もお願い出来ましたので時間余すこと無く観光出来ました。バスの乗降時には運転さんが自らは濡れながも傘をさして雨具の用意を助けてくださ... 続きを読む

閉じる
奈良定期観光バス 東大寺+春日大社+興福寺+若草山 世界遺産の三社寺と奈良の風景を一望する半日バスツアー<4時間/ガイド付/JR奈良駅・近鉄奈良駅発>

リベンジ修学旅行

2020/01/22 小さなお子様連れ しかまろ

娘が修学旅行の前日にインフルエンザになり、行くことが出来なかった奈良京都。そこで、今回は奈良に絞って娘のためにリベンジ修学旅行を計画しました。
効率よく回るために2日目にこのツアーに申し込みました。渋滞時の対応含めガイドさんも運転手さんも... 続きを読む

閉じる
興福寺国宝館 (観光情報) (観光情報) | 奈良観光 VELTRA(ベルトラ)
奈良県奈良市登大路町にある興福寺国宝館は、僧侶が集団で食事をする食堂(じきどう)が建てられていた場所に昭和34年(1959年)に鉄筋コンクリート造りの耐火式の宝物収蔵庫として建てられました。食堂と細殿を連結して内部を一堂とする建物で、数多い仏像や寺宝を収蔵し、一般公開する為の利便性を考慮して設計した正面9間(約35.3メートル)、側面8間(約31.8メートル)の本瓦葺き建物です。地下には、旧食堂の奈良時代の後の遺構がそのまま保存されています。