奈良国立博物館とは、奈良県奈良市の登大路町にある博物館です。独立行政法人国立文化財機構が運営しています。主に仏教美術を中心とした文化財を収集、保管し、研究と展示を行っています。講演会や出版活動などを通じての普及活動も行っています。アクセスは近鉄奈良線の近鉄奈良駅から歩いて15分程度です。バスを利用する場合は市内循環バスの「国立博物館前」で下車すぐです。
歴史
奈良国立博物館は、1895年に帝国奈良博物館として開館しました。1900年になると館名を奈良帝室博物館に改め、この館名は1947年まで使われました。1947年には新憲法が公布され、博物館は文部省に移管されたのです。このとき、国立博物館奈良分館となりました。現在の奈良国立博物館という呼称になったのは1952年になってからでした。2001年には独立行政法人国立博物館が、2007年には独立行政法人国立文化財機構が設置する博物館となり、現在に至ります。

見どころ
奈良国立博物館には絹本著色十一面観音像、紙本著色地獄草紙、紙本著色辟邪絵、紙本墨画淡彩山水図、木造薬師如来坐像、刺繍釈迦如来説法図など、他にもさまざまな国宝が展示されています。どれも大変貴重な品々ですが、展示品にかぎらず博物館の建物そのものも貴重な建築物となっており、本館は国の重要文化財に指定されています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

奈良の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

奈良国立博物館 (観光情報) | 奈良観光| VELTRA(ベルトラ)

奈良国立博物館とは、奈良県奈良市の登大路町にある博物館です。独立行政法人国立文化財機構が運営しています。主に仏教美術を中心とした文化財を収集、保管し、研究と展示を行っています。講演会や出版活動などを通じての普及活動も行っています。アクセスは近鉄奈良線の近鉄奈良駅から歩いて15分程度です。バスを利用する場合は市内循環バスの「国立博物館前」で下車すぐです。