@首里城公園 (首里城) (観光情報) | 沖縄観光 VELTRA(ベルトラ)
首里城公園は那覇市首里当蔵町にある、琉球王朝時代の「歴史と文化」をテーマとする総合公園です。首里城は貿易の拠点であった那覇港を見下ろす小高い丘にありました。現在園内には「首里城」が復元され、有名な「守礼門」や、円鑑池、龍潭、円覚寺などがあり、古都首里の歴史や文化、自然や風土を満喫することが出来ます。「首里城地区」と美ら海水族館のある本部町の「海洋博覧会地区」の二つの地区は国営沖縄記念公園はとして整備され、日本の都市公園100選に選ばれています。
歴史
首里城は琉球王朝の歴史・文化の象徴です。いつ創建されたかははっきりわかりませんが、首里城の城郭は内郭が15世紀初期に、外郭は16世紀中期に完成したとされています。しかし最近の発掘によると14世紀ごろの遺構ともいわれています。琉球は中国や日本との長い交流の歴史があったため、首里城は中国や日本の建築文化の影響も受けていました。1879年(明治12)には、首里城から国王が追放され「沖縄県」となり、首里城は日本軍の駐屯地や学校として使わるようになりました。1930年代に大規模な修理が行われましたが、1945年の沖縄戦の時にアメリカ軍の攻撃により全焼しています。

見どころ
【首里城跡】
2000年12月、『琉球王国のグスク及び関連遺産群』が、世界遺産に登録されました。この世界遺産には9つ構成資産が含まれています。
【首里城】
15世紀以降作られた、琉球の歴史と文化を物語る建物で、1945年の沖縄戦で焼失しましたが、現在の首里城は18世紀以降をモデルとして、1980年代末から本格的な復元が行われ1992年に完成しました。1993年(平成5年)にはNHKの大河ドラマ「琉球の風」の舞台になり多くの観光客が訪れるようになりました。
【首里城公園 】
園内には、首里城が復元され、尚清王代(1527~1555)に創建されたといわれる守礼門をはじめ、琉球王朝を偲ぶ建築物がたくさんある公園です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


沖縄の人気アクティビティランキング

@首里城公園 (首里城) | 沖縄観光| VELTRA(ベルトラ)

首里城公園は那覇市首里当蔵町にある、琉球王朝時代の「歴史と文化」をテーマとする総合公園です。首里城は貿易の拠点であった那覇港を見下ろす小高い丘にありました。現在園内には「首里城」が復元され、有名な「守礼門」や、円鑑池、龍潭、円覚寺などがあり、古都首里の歴史や文化、自然や風土を満喫することが出来ます。「首里城地区」と美ら海水族館のある本部町の「海洋博覧会地区」の二つの地区は国営沖縄記念公園はとして整備され、日本の都市公園100選に選ばれています。