ナガンヌ島 (観光情報) (観光情報) | 沖縄観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

ナガンヌ島

4.48
ナガンヌ島は那覇から船で約20分程度の島です。 主にアジサシという鳥の繁殖地となることから、沖縄県の条例に定められた特別鳥獣保護区として指定されている他、ウミガメの産卵地でもあります。昔は無人島の自然豊かな島でしたが、住民登録がされたことで有人島になったものの、水道や電気などのライフラインは整っていません。広さは19.6万平方メートルで、那覇からとまりんという名の専用クルーズが出ています。これ以外の手段はなく自然豊かな島は守られています。
歴史
ナガンヌ島という名前は一説によると、沖縄の方言で細長いものを「ナガンヌ」と言うことから、この細長い島を「ナガンヌ島」と呼ぶようになったとされています。 正式名称は慶伊瀬(ケイセ)島といいますが、神山島とクエフ島と3島の総称であることもあり、俗称であるナガンヌ島のほうがが一般的であり、渡嘉敷村のホームページでもナガンヌ島と呼ばれています。また、長い間無人島であったものの2011年には住民登録があり有人島となりました。

見どころ
自然豊かな島らしく様々なマリンレジャーを体験することができます。シュノーケリングや海底散歩が楽しめる「オーシャンウォーク」、初めての方でも楽しめる体験ダイビング、またホエールウォッチングでは間近でクジラを見ることが出来ます。平たい小さな島なので森や川などはなく、サンゴ礁に囲まれた真っ白な砂でできた島です。那覇から行くことの出来る海のオアシスと言うことができます。

沖縄人気アクティビティランキング

ナガンヌ島の新着体験談

ナガンヌ島ツアー 那覇から20分!慶良間の無人島に上陸&海水浴 <那覇発/4~11月/温水シャワー・トイレ完備>

ノンビリ ビーチ

2022/11/20 ひとりで Yk3

定刻に乗船と上陸出来ました。
平日のオフシーズンだったので、参加者も少なめで良かったです。
帰りの入港後に下船についての案内が何も無かったので、わかり辛かったです。

慶良間(チービシ)パラセーリング+シュノーケリングorマリンスポーツ2品 沖縄最長のパラセールロープ200m<那覇発/GoProレンタル・写真・餌付け無料>

家族で行きました!

2022/11/20 家族 ムーママ

意外と参加者が多くて、結構満杯でした。

でも効率よくグループに分かれ、待ち時間もほぼなく楽しめました^_^

11月だったこともあり、少し寒めだったので、半日で大満足。

船よりもパラセーリングの方が酔う人もいるみたいです。
... 続きを読む

閉じる
ナガンヌ島ツアー 那覇から20分!慶良間の無人島に上陸&海水浴 <那覇発/4~11月/温水シャワー・トイレ完備>

オススメです‼︎

2022/10/30 ひとりで Fu-min

海は最高にキレイなので、是非おすすめです‼︎
酔い止め必須!島はキレイに整備されていて使い心地OK

慶良間(チービシ)パラセーリング+シュノーケリングorマリンスポーツ2品 沖縄最長のパラセールロープ200m<那覇発/GoProレンタル・写真・餌付け無料>

とてもいい思い出が出来ました

2022/10/10 友達・同僚 ななこ

初めてのシュノーケリングとパラセーリングでしたが、説明も丁寧で分かりやすく不安も取り除かれました。
GoProもお借りできて、パラセーリングの最中の写真も沢山ダウンロード出来て嬉しかった。
天候の影響で船が結構揺れましたが、船酔いにも気... 続きを読む

閉じる
ナガンヌ島ツアー 那覇から20分!慶良間の無人島に上陸&海水浴 <那覇発/4~11月/温水シャワー・トイレ完備>

沖縄離島

2022/10/04 カップル・夫婦 りりり

本島から離島ツアーとして最高です。
汚染がない綺麗な海、ドラゴンボート、ウミカヤック、などアクティビティが充実していて、且つリーズナブルな料金。

慶良間(チービシ)パラセーリング+シュノーケリングorマリンスポーツ2品 沖縄最長のパラセールロープ200m<那覇発/GoProレンタル・写真・餌付け無料>

最高の1日を過ごせました!!

2022/10/02 カップル・夫婦 たわぱぱ

朝からの半日でパラセーリングからシュノーケリングまで楽しめるのは午後からも予定を入れられて2泊3日でも沖縄を存分に楽しめるスケジュールで最高でした!慶良間を望む沖合ま出てのパラセーリングは最高の景色!!
スタッフの皆さんも感じ良く素敵な笑... 続きを読む

閉じる
ナガンヌ島 (観光情報) (観光情報) | 沖縄観光 VELTRA(ベルトラ)
ナガンヌ島は那覇から船で約20分程度の島です。 主にアジサシという鳥の繁殖地となることから、沖縄県の条例に定められた特別鳥獣保護区として指定されている他、ウミガメの産卵地でもあります。昔は無人島の自然豊かな島でしたが、住民登録がされたことで有人島になったものの、水道や電気などのライフラインは整っていません。広さは19.6万平方メートルで、那覇からとまりんという名の専用クルーズが出ています。これ以外の手段はなく自然豊かな島は守られています。