正殿 (観光情報) (観光情報) | 沖縄観光 VELTRA(ベルトラ)

出発地:

正殿は琉球王国最大の木造建造物で「国殿」や「百浦添御殿」とも呼ばれ、琉球支配のシンボルでした。正殿は沖縄戦を含め4階の焼失再建うぃ繰り返し1992年に復元された形は1712年から戦前まで存在したモデルだそうです。国内の史跡の中でも高水準の復元精度を誇り多くの困難にも立ち向かい復元を成し遂げた情熱が吹き込まれています。
歴史
正殿は北京の太和電に範をとって造られたと伝わっていますが意匠細部に日本建築の禅宗様式を取り入れたり、風土や嗜口に合った工夫をこらしてあり琉球独特の雰囲気を作り出しています。正殿の正面が一般的な南向きではなく西向きになってる居るのは、往時の中国が西側に位置するため、経緯を表し正面を西向きにしたそうです。1897年国王が追放され沖縄県になった後首里城は日本軍の兵所となり、その後学校が建てられ、学校が移転された後に正殿とそのほかいくつかの城門が国宝に指定されました。その時正殿は、「沖縄神社拝殿」という名称で国宝指定されました。ところが、沖縄戦で首里城直下に司令部を置いたため攻撃されてしまいました。戦後、跡地は琉球大学のキャンパスとなりましたが、大学移転後に復旧事業が進み現在に至っているそうです。

見どころ
色鮮やかな龍の彫刻が印象的で。龍は中国皇帝の象徴とされていて、進貢する琉球でもこれに倣い、琉球王国の象徴にもされ、守護神としてたくさん使われています。なので正殿にもたくさんの龍がいます。中国の様式を取り入れた琉球独特の建築様式に注目したいです。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    初めての方もリピーターの方も、わかりやすい歴史の裏話を織り交ぜた、何度訪れても楽しめる首里城めぐり。琉球王国時代の中心として繁栄を極めた王国体制を象徴するグスク(城)だった、首里城の魅力についてご紹介します!

    JPY1,000

    毎日
    (午前, 午後)

沖縄の人気アクティビティランキング

沖縄 テーマから探す

正殿 (観光情報) | 沖縄観光| VELTRA(ベルトラ)

正殿は琉球王国最大の木造建造物で「国殿」や「百浦添御殿」とも呼ばれ、琉球支配のシンボルでした。正殿は沖縄戦を含め4階の焼失再建うぃ繰り返し1992年に復元された形は1712年から戦前まで存在したモデルだそうです。国内の史跡の中でも高水準の復元精度を誇り多くの困難にも立ち向かい復元を成し遂げた情熱が吹き込まれています。