屋我地島 (観光情報) (観光情報) | 沖縄観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

屋我地島

4.36
沖縄本島北部に位置する、周囲約16kmの有人島です。標高が55.2mと低い丘陵地の島です。本島とは橋でつながっています。サトウキビとパイナップルと塩が主な特産品です。屋我地は昔から塩の生産が非常に盛んな地域でした。島の南側には干潟があり、本土とは違う熱帯性のいろいろな生物見られます。アクセスは名護バスターミナルから屋我地まで、バスで15分ほどです。
歴史
サバヤ貝塚の発掘により、3000年前から人が住んでいたことがわかっています。1946年から1970年7月まで屋我地村でした。1960年にチリ地震の津波により屋我地大橋の上部が流出しました。現在ある、大橋は3代目で1993年に完成しました。干潟がある饒平名(よへな)にはマングローブ植物が生育しているので、生物の宝庫となっています。1976年(昭和51年)に屋我地島全域と周辺海域と、羽地(はねち)内海が鳥獣保護区に指定されました。

見どころ
屋我地島の羽地内海は沖縄県製塩業の発祥の地で400年の歴史があります。我部地区で塩造りの体験が出来ます。自分で作ったミネラルたっぷりの塩をおみやげにいかがでしょうか。屋我地区にある屋我地ビーチでは、ボートの貸し出しやシーカヤックの体験ができます。ホテルや旅館も島内にはありますが、キャンプやバンガローでバーベキューをしながらビーチで遊び、夜は満点の星空を眺めるのもオススメです。

沖縄人気アクティビティランキング

屋我地島の新着体験談

美ら海水族館観光バスツアー 古宇利島+世界遺産「今帰仁城跡」をめぐる1日観光 ホテルランチ付き<那覇発/2歳以下無料>

非常にコスパの高いツアーでした

2022/12/04 ひとりで lat350103

沖縄のバスツアーは一般的に「こことあそこをこれくらいの時間見て回りたい」という客側の希望に合うのがなかなか無いのだけど、この那覇バスさんのAコースは自分の希望にピッタリでした。バスは最新鋭(韓国現代自動車製?)でシートの具合がとても良かった... 続きを読む

閉じる
美ら海水族館観光バスツアー 古宇利島+世界遺産「今帰仁城跡」をめぐる1日観光 ホテルランチ付き<那覇発/2歳以下無料>

1人で参加しました。

2022/12/01 ひとりで みゃー

ペーパードライバーで運転に自信がなかったのでこちらに参加しました。
【バスについて】
シートが広々してて座ってても疲れなくゆっくり出来ました。
充電もUSBタイプであれば持っていけば出来ます。Wi-Fiを接続しても弱いのか全く繋げれな... 続きを読む

閉じる
美ら海水族館観光バスツアー 古宇利島+世界遺産「今帰仁城跡」をめぐる1日観光 ホテルランチ付き<那覇発/2歳以下無料>

天気が良くなり最高

2022/11/30 ひとりで MASA

朝の出発時は雨が降っていましたが、古宇利大橋を渡り島に着く頃には雨も上がり、美ら海水族館では晴れ上がり、楽しく美味しい食事、観光を満喫する事ができました。

美ら海水族館観光バスツアー 古宇利島+選べる2コース「ナゴパイナップルパーク」または「アメリカンビレッジ」<那覇・北谷発/2歳以下無料>

相変わらずないわ~!

2022/11/29 カップル・夫婦 ジュン

ジャンボツアーズの添乗員レベルが低すぎる。外国人相手だからそんなんで良いと思うんですかね?
二度と利用しません!

美ら海水族館観光バスツアー 古宇利島+御菓子御殿+ナゴパイナップルパーク<那覇市・宜野湾・北谷・恩納村発/3歳以下無料>

盛りだくさんツアー

2022/11/29 友達・同僚 ハマのローズ

恩納村のホテル送迎付きで参加。レンタカーが無いのでとても助かります。安全運転のドライバーさんはバスが止まって乗客が降りる度にお疲れ様と声をかけて下さり戻るとお帰りなさいとの事。とても感じ良かったです。バスガイドさんはベテランの方でしたがお話... 続きを読む

閉じる
美ら海水族館観光バスツアー 古宇利島+御菓子御殿+ナゴパイナップルパーク<那覇市・宜野湾・北谷・恩納村発/3歳以下無料>

バスガイドさんがとても優しい語りで、沖縄を詳しく紹介してくれました。

2022/11/26 友達・同僚 ponpon

初沖縄。東陽バスでの観光となりました。バスに乗っている時は、ずっとガイドさんが沖縄の歴史や名所の説明、昔話などを話してくれました。
その語りが、とても聞きやすく、優しい語り方で思わず聞き入っていました。
運転手さんも、観光地で降りるたび... 続きを読む

閉じる
屋我地島 (観光情報) (観光情報) | 沖縄観光 VELTRA(ベルトラ)
沖縄本島北部に位置する、周囲約16kmの有人島です。標高が55.2mと低い丘陵地の島です。本島とは橋でつながっています。サトウキビとパイナップルと塩が主な特産品です。屋我地は昔から塩の生産が非常に盛んな地域でした。島の南側には干潟があり、本土とは違う熱帯性のいろいろな生物見られます。アクセスは名護バスターミナルから屋我地まで、バスで15分ほどです。