竹富民芸館 (観光情報) (観光情報) | 沖縄観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
竹富民芸館
4.39
竹富民芸館は1972年に、竹富島の伝統的な織物を継承する後継者育成のための工房として造られました。島で自生か栽培している染料や原料、そしてそれで制作した作品が展示されています。集落の中心部にあり、竹富港から約2kmです。車で2分、自転車で約5分、徒歩で約20分ほどです。宿泊施設やレジャーショップのツアー、水牛車、レンタサイクルなどを予約している場合は送迎をしてくれます。それ以外は徒歩か巡回バスになります。竹富港までのアクセスは、東京・大阪・那覇から飛行機で石垣空港へ、石垣島から高速船で10分。または那覇からフェリーで石垣島へ、石垣島から高速船で10分です。
歴史
竹富島は古くから織物が盛んで、”民芸の島”と称されていました。竹富島発祥の”八重山ミンサー”は、1989年に軽座産業大臣指定伝統工芸品に指定されました。ミンサーの歴史はよくわかっていませんが、1600年代に八重山でミンサーの原料である木綿の栽培が始まったとの記述があるので、その頃から作られているといわれています。インド藍やバショウ、苧麻など、工芸に必要な原料や染料となる植物は、島内で栽培されているものもあります。

見どころ
館内ではミンサー帯、八重山上布、芭蕉布などの原料・染料・製作工程や歴史をパネルで展示してあったり、作業工程を見学することができます。織りの体験もできます。ここで作られたものを購入することもできます。ミンサーとは、”ミン(木綿)でできたサー(幅の狭い)帯”のことです。ミンサーの柄は、五つ玉と四つ玉が一対の紺絣模様になっているのですが、「いつ(五)の世(四)までも末永く」という意味が込められているそうです。通い婚の風習があった時代に、女性から男性へ送ったのが始まりだと言われています。

沖縄人気アクティビティランキング

竹富民芸館の新着体験談

竹富島

2021/08/03 カップル・夫婦 つんた

途中、一緒に参加していた家族が竹富島の知人の家に泊まることに。
急な変更なのに、船を次の日に2人分ずらして頂きました。
素早い対応感動しました。

子連れでマングローブと水牛車と竹富島散策を満喫しました!

2021/08/03 家族 2525

8歳の娘と家族で参加しました。
西表島の仲間川マングローブでは、多宇さんのユーモアのあるわかりやすい説明でマングローブの知識を得ることができました。水からトゲトゲ出ている枝のようなものはマングローブの根っこで、これから幹として伸びるわけで... 続きを読む

閉じる

良かった

2021/08/02 ひとりで Koichi

石垣島→西表島→竹富島→石垣島は高速船。
西表島⇔由布島は水牛車
マングローブ遊覧は小さな船で船長兼ガイド付き。
西表島、竹富島はバスツアー。
天気最高でよかったです。

最低なツアー

2021/07/30 カップル・夫婦 くうー

今回、マングローブ遊覧船や牛車等のツアーを平田観光に予約しました。石垣島の平田観光の受付で西表島の港に到着したら平田観光の案内板を持った案内係がいると説明を聞きましたがいなかった。散々探したがいなかった。平田観光の営業所へ連絡するとトイレに... 続きを読む

閉じる

子連れでも楽しめます

2021/07/28 小さなお子様連れ りんこ

3歳児と二人旅でベビーカーを持って行きましたが、どう対応したらよいか親切にご対応頂きました。子どもには半日観光でも十分かもしれませんが、どれも見応えがあり楽しい経験をさせていただきました。

島巡りにオススメ

2021/07/25 カップル・夫婦 ビーチボーイ&ガール

石垣島に来て、島巡りをしたいと思う初心者さんにはとってもよいツアーだと思います。
マングローブツアーのガイドさんとっても面白い方でした。マングローブのこと楽しく勉強することができました。由布島では、牛車に乗るのが楽しかったです。水牛ドライ... 続きを読む

閉じる
竹富民芸館 (観光情報) (観光情報) | 沖縄観光 VELTRA(ベルトラ)
竹富民芸館は1972年に、竹富島の伝統的な織物を継承する後継者育成のための工房として造られました。島で自生か栽培している染料や原料、そしてそれで制作した作品が展示されています。集落の中心部にあり、竹富港から約2kmです。車で2分、自転車で約5分、徒歩で約20分ほどです。宿泊施設やレジャーショップのツアー、水牛車、レンタサイクルなどを予約している場合は送迎をしてくれます。それ以外は徒歩か巡回バスになります。竹富港までのアクセスは、東京・大阪・那覇から飛行機で石垣空港へ、石垣島から高速船で10分。または那覇からフェリーで石垣島へ、石垣島から高速船で10分です。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜