730交差点 (観光情報) (観光情報) | 石垣島・八重山観光 VELTRA(ベルトラ)
その他のカテゴリー
観光情報

730交差点

730交差点は、沖縄県石垣市にある交差点です。国道390号の起点でもあり、日本の国道網における最西端に当たる場所にあります。730とは、7月30日を意味しています。その日は沖縄が本土に復帰して6年後の昭和53年7月30日で、俗に「ナナ・サン・マル」と呼ばれ、沖縄県下で一斉に交通方法の変更が行われました。
歴史
交通方法が変更される際には、前日の29日午後10時から変更当日の午前6時までの間、緊急自動車やバス、タクシーなどの指定車両を除くすべての車両が通行禁止、および駐車禁止となり、当日午前6時に消防署のサイレンが鳴り響く中、白バイに誘導されたタクシーなどがこれまでの右側通行から一転して左側通行へと移行していきました。沿道には、その歴史的瞬間をみようと人垣が出来たほか、変更直後も左側通行を初体験使用とするとマイカーが繰り出し、思わぬラッシュをみせました。心配されていた交通事故は、石垣市では平年並みで、沖縄全体ではその年の年末までの事故は、むしろ減少したとの報告もあります。

見どころ
その「ナナ・サン・マル」を記念した「730記念碑」が交差点の側に設置されたのは同年9月のことです。その後730記念碑の周辺がポケットパークとして新たに整備され、「730シィーシィーパーク」として命名されたのは、交通方法変更後30周年にあたる平成20年7月30日のことで、やはり「ナナ・サン・マル」にちなんだ日を選んでいます。最近では、石垣島を訪れた記念撮影の場所として観光客の姿が目に付くようになっています。

石垣島・八重山人気アクティビティランキング

観光情報のその他カテゴリ

古宇利大橋 国際通り 万座毛 古宇利島 斎場御嶽 今帰仁城跡 コンドイビーチ 首里城正殿 なごみの塔 琉球村 亜熱帯植物楽園(由布島) 星砂の浜(竹富島) 守礼門 美浜アメリカンビレッジ 竹富島の集落 真栄田岬 残波岬 オキちゃん劇場 ひめゆりの塔 海中道路 海洋博公園 西桟橋 ニシ浜 竹富島の町並み 黒島 玉陵 瀬長島 辺戸岬 沖縄県営平和祈念公園 やちむん通り 黒島 沖縄セルラースタジアム那覇 歓会門 久慶門 京のうち 伊江島 フナウサギバナタ 伊良部・下地島 座間味島 渡嘉敷島 ヤンバルクイナ展望台 細崎 浜島 バラス島 黒島 上原港 星砂の浜 (西表島) 鳩間島 琉宮城蝶々園 ワルミ大橋 ひめゆり平和祈念資料館 ガンガラー ニライ橋 カナイ橋 奥武島 知念岬公園 てんぶす那覇 むつみ橋通り 首里金城の大アカギ 福州園 奉神門 高那崎・日本最南端の碑 佐和田の浜 中ノ島 渡口の浜 牧山展望台 ナガンヌ島 阿嘉島 平和の礎 琉球ガラス村 こはぐら荘 シュガーロード 船浮 大原港 (仲間港) 仲間川 首里城 園比屋武御嶽石門 首里森御嶽 正殿 西のアザナ 水納島 瀬底大橋 瀬底島 熱帯ドリームセンター 備瀬のフクギ並木 やちむんの里 大岳 パナリ島 (新城島) (上地島・下地島) 浦内川 西表島マングローブ おきなわワールド文化王国・玉泉洞 屋我地島 コート盛 アイヤル浜 西塘御嶽 竹富民芸館 竹富郵便局 仲筋井戸 御庭 壺屋やちむん通り もとぶ元気村 通り池 恩納海浜公園 ナビービーチ 万座ビーチ サンセットビーチ ニシバマビーチ 阿波連ビーチ 大石林山 カンピレーの滝 ピナイサーラの滝 マリュドゥの滝 新原ビーチ エメラルドビーチ 水納ビーチ 瀬底ビーチ ネイチャーみらい館 億首川のマングローブ林 読谷やちむん市 亜熱帯植物楽園由布島 川平湾 玉取崎展望台 平久保崎 石垣港離島ターミナル 名蔵アンパル 野底岳 観音崎 御神崎 吹通川干潟 川平公園 唐人墓 米原のヤエヤマヤシ群落 バンナ岳 名蔵大橋 バンナ公園 石垣やいま村 石垣島 鍾乳洞 桃林寺 宮良川のヒルギ林 底地ビーチ 与那覇前浜 東平安名崎/平安名崎灯台 池間大橋 来間大橋 うえのドイツ文化村 ユートピアファーム宮古島 宮古島温泉 宮古島海宝館 漲水御嶽 宮古神社 ムスヌン浜 仲宗根豊見親の墓 宮古島市熱帯植物園 漲水石畳道 大和井 知利真良豊見親の墓 アトンマ墓 イムギャーマリンガーデン 人頭税石 西平安名崎 雪塩ミュージアム (雪塩製塩所) 池間島 八重干瀬 来間島 吉野海岸 新城海岸 長間浜海岸 Dr.コトー診療所 北牧場
730交差点 (観光情報) (観光情報) | 石垣島・八重山観光 VELTRA(ベルトラ)
730交差点は、沖縄県石垣市にある交差点です。国道390号の起点でもあり、日本の国道網における最西端に当たる場所にあります。730とは、7月30日を意味しています。その日は沖縄が本土に復帰して6年後の昭和53年7月30日で、俗に「ナナ・サン・マル」と呼ばれ、沖縄県下で一斉に交通方法の変更が行われました。