久米島ウミガメ館 (観光情報) (観光情報) | 久米島観光 VELTRA(ベルトラ)
久米島ウミガメ館は、久米島から橋を渡った西奥武島にあります。畳石のある浜のすぐ近く、バーデハウス久米島の左側にあります。車では、久米島空港からは役25分、兼城港からは20分です。バスでは空港から空港線バスに乗り約30分、バーデハウス前で下車します。ウミガメ館の入館料は300円ですが駐車場は無料です。開館時間は午前9時から午後17時までで、休館日は毎週火曜日です。入り口にある浦島太郎と乙姫様の銅像が目印です。
歴史
沖縄以外では中々見ることのできないウミガメを保護、飼育しているウミガメ館は2000年にオープンしました。大水槽では世界的にも絶滅の危機にあるウミガメを色々な角度から見ることができます。曜日限定で行われる餌やりショーではウミガメの食事シーンを生でみることができます。またコガメの放流体験なども実施されており、ウミガメの生態を実際に見ることができると子供から人気です。また数多くの貝類の展示もされており、沖縄周辺の海の環境についても勉強することができます。

見どころ
世界的に絶滅の危機に瀕しているウミガメを中心に展示されている水族館です。主にウミガメの保護を目的としていますが、大きな水槽で泳ぐ様々な種類のウミガメの生態を間近で見て学ぶことができます。またウミガメだけではなく、他では見ることのできない沖縄の珍しい貝類などが2000点以上が展示されていて、直接触れるコーナーもあるので大人から子供まで人気があります。ウミガメグッツも販売されているので、お土産を買うことができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


久米島の人気アクティビティランキング

久米島ウミガメ館 (観光情報) | 久米島観光| VELTRA(ベルトラ)

久米島ウミガメ館は、久米島から橋を渡った西奥武島にあります。畳石のある浜のすぐ近く、バーデハウス久米島の左側にあります。車では、久米島空港からは役25分、兼城港からは20分です。バスでは空港から空港線バスに乗り約30分、バーデハウス前で下車します。ウミガメ館の入館料は300円ですが駐車場は無料です。開館時間は午前9時から午後17時までで、休館日は毎週火曜日です。入り口にある浦島太郎と乙姫様の銅像が目印です。