ウミガメシュノーケリングツアー 市街地にあるパウダールームなど設備充実の店舗集合でらくらく参加<写真付き/宮古島>の参加体験談 | 宮古島の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

ウミガメシュノーケリングツアー 市街地にあるパウダールームなど設備充実の店舗集合でらくらく参加<写真付き/宮古島>

参加者の評価

4.68 4.68 / 5

体験談数

19
体験談を投稿する

残念カメが見れなかった。

投稿者: モーさん, 2019/11/01

かなり奥の方まで泳いでいきましたが残念ながらカメは見れませんでした。
しかし、宮古島のきれいな海はすごく良くてガイドの方の案内も好感が持てて大変良かったです。
ウミヘビは見れました。また機会を作って是非宮古島にはいきたいと思います。

催行会社からのコメント

この度はツアーへの参加誠にありがとうございました。
今回のツアーでウミガメをお見せできなくて申し訳ございません。
これからより楽しくウミガメが見れるツアーにしていけるよう
スタッフ一同頑張っていきますので
また機会がありましたらウミガメのツアーに
リベンジさせてください!

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2019/10/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

なかなかカメがいなくて。。

投稿者: mayumayu, 2018/07/16

台風が去った後でちょっと心配でしたが、天候も良く最後の最後にやっとカメを見ることができ、結果的には良かったなと。ツアーの内容は自分たちでショップまで行き、全身のウエットスーツに着替えそこからシギラリゾートの近くの博愛わいわいビーチというところからエントリーするというものでした。エントリーしたらスタッフの方に付いて行き、ひたすら40分泳ぎ続けるというスタイルなので結構疲れました。しかもなかなかカメが見つからず、あきらめかかったその時、スタッフの方が一生懸命探してくださり最後の時間ギリギリについに発見という感じで終了しましたが、いつもは100%くらいカメに会えるみたいです。送迎がないのでコスパ的には、ん~という感じですがレンタル料が含まれているのでこんな感じなのでしょうか。。といったところです。スタッフの男性は明るく元気で楽しい時間が過ごせました!

  • ここからエントリー

催行会社からのコメント

この度はウミガメシュノーケルツアーへご参加頂き誠にありがとうございます!なかなかカメちゃんを見つけられず申し訳ありませんでした。。。最後の最後に会える事ができて本当に良かったです!また宮古島へいらっしゃるのをお待ちしております!

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2018/07/13
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウミガメと泳ぐシュノーケリング!!

投稿者: さちこsachiae86, 2018/07/04

心配された台風の影響もさほどなくウミガメシュノーケリング無事出来ました!
めちゃめちゃラッキー!
お天気にも恵まれて海の中はキラキラと明るくキレイでした。
もう少し出来ると思っていたので、もう終わり?といった感で楽しい時間は過ぎるのも早い、潮の流れが早く危険でもありましたが、インストラクターさんは常に全員がちゃんといるか気を配っていてくれ安心でした!
ウミガメには海に入ってすぐに出会えたのでラッキーでした!
今度はサンゴ礁シュノーケルもやってみたいです!

  • 近い、

  • 手が届きそう!

催行会社からのコメント

さちこsachiae86様
この度はサマーリゾート宮古島をご利用頂き誠にありがとうございます!
楽しんで頂けて本当に良かったです!!
また宮古島へいらっしゃった際はぜひサンゴ礁シュノーケルへ行きましょう!
スタッフ一同、心よりお待ちしております!

サマーリゾート宮古島
宮城

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/07/03
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウミガメシュノーケリングツアー 市街地にあるパウダールームなど設備充実の店舗集合でらくらく参加<写真付き/宮古島>の参加体験談 | 宮古島の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

ウミガメシュノーケリングツアー 市街地にあるパウダールームなど設備充実の店舗集合でらくらく参加<写真付き/宮古島>の参加体験談 | 宮古島市街地にあるパウダースペースや温水シャワー、駐車場完備の設備充実の店舗集合でツアー終了後も観光に行きやすい!シュノーケリングは浅瀬のスポットで行うため、初心者や子ども連れにも安心して参加いただけます。ご予約はこちら。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜