仲宗根豊見親の墓 (観光情報) (観光情報) | 宮古島観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
仲宗根豊見親の墓
4.58
仲宗根豊見親(なかそね・とぅゆみゃ)とは15世紀末から16世紀初めに宮古島一の勢力を持った豪族で、その仲宗根豊見親が父親のために建造したお墓が、宮古空港から3kmほど北上したところ、宮古島市役所の北側にあります。宮古島の在来の文化と沖縄の琉球文化の折衷様式で、宮古島と沖縄本島との文化交流を物語る史跡としてテレビなどでも取り上げられています。ちょっとした古代遺跡のような荘厳な雰囲気があり、宮古島の歴史を感じるスポットです。
歴史
仲宗根豊見親の墓は、仲宗根豊見親が父の真誉(まゆのふぁ)の霊を弔うために建立したお墓です。仲宗根豊見親は15世紀の1457~1464年頃に生まれ、15世紀末から16世紀初頭に宮古島の支配者として君臨し、16世紀初頭に亡くなりました。宮古島は沖縄本島から約290kmの海を隔てており、民族や文化、歴史、風習、言語も異なっていました。宮古の支配者となった仲宗根豊見親は、中山(琉球)による八重山征伐や与那国征伐の先鋒を務め、琉球王家に朝貢して忠誠を尽くしています。

見どころ
仲宗根豊見親の墓は、漲水海岸を見下ろす小高い丘の上にあり、前面には13段の階段状に石を積み上げ、その上に7基の石柱が並んでいます。宮古独自のミャーカ式と沖縄本島の横穴式の折衷様式になっており、宮古島一の巨大なお墓です。仲宗根豊見親は各村に税制を定め、中山(琉球)に年貢を収め朝貢関係を強化した人物です。1500年には八重山諸島(石垣島)の豪族を中山が責める際も先鋒を務め滅ぼしました。琉球王家には仲宗根豊見親が献上した「治金丸」という宝刀が伝わっています。

宮古島人気アクティビティランキング

仲宗根豊見親の墓の新着体験談

街歩き

2021/08/16 カップル・夫婦 街歩き

歴史の話だけでなく、
その地で暮らす知恵、マナーや地元の方々の思いなども聞かせて下さいました。
ただその地に行き、ガイドブックに沿った観光をするだけでなく、実際に生活されている方の話を伺えたことはとても貴重な体験でした。
お話もとても... 続きを読む

閉じる

楽しい街歩きでした

2020/07/12 ひとりで A.F.

美しい景色を見るばかりではなく、現地の歴史に少しでも触れておこうと思い、申し込みました。歴史上の人物の名前を覚えるのはちょいと難しいですが、ガイドの中村さんには明るく楽しく、ガイドしていただきました。あっという間の90分でした。また、機会が... 続きを読む

閉じる

平良まち歩きツアー

2020/02/29 ひとりで anzoo

ガイドさんは朗らかな方で、島の歴史などをじっくりお話してくださいました。訪れた日が旧暦1/16でしたので、普段と異なる風景を目にする機会となりました。あっという間に時間が過ぎて、終了時刻をオーバーしましたが、参加して良かったです。

宮古島の深い歴史を絵を見ながら丁寧にお話しいただきました。

2020/02/11 家族 マサユキ

お話が大好きな、お話が上手なガイドさんでした。
歴史ばかりでなく宮古島の生活文化もたくさん教えていただきました。
創造以上に価値あるツアーでした。
宮古島ではマリンスポーツや景色ばかりでなくぜひおすすめのツアーです❗️

お世話になりました

2019/01/08 家族 みなこ

雨で寒くて、ロングコース 全部見れなかったので ちょっと残念。
次回ゎ お天気に恵まれて 楽しみたいです!

分かり易い説明ありがとう

2018/03/27 カップル・夫婦 もくれん

ガイドさんの人柄の良さとゲストを満足させたい思いを感じました。
15分ほど前に、集合場所に到着したのですが、もうすでにガイドさんは到着されていました。
小雨が降っていて、一人に一本傘を準備されていて助かりました。
観光のスポットごとに... 続きを読む

閉じる
仲宗根豊見親の墓 (観光情報) (観光情報) | 宮古島観光 VELTRA(ベルトラ)
仲宗根豊見親(なかそね・とぅゆみゃ)とは15世紀末から16世紀初めに宮古島一の勢力を持った豪族で、その仲宗根豊見親が父親のために建造したお墓が、宮古空港から3kmほど北上したところ、宮古島市役所の北側にあります。宮古島の在来の文化と沖縄の琉球文化の折衷様式で、宮古島と沖縄本島との文化交流を物語る史跡としてテレビなどでも取り上げられています。ちょっとした古代遺跡のような荘厳な雰囲気があり、宮古島の歴史を感じるスポットです。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜