仲宗根豊見親の墓 (観光情報) (観光情報) | 宮古島観光 VELTRA(ベルトラ)
仲宗根豊見親(なかそね・とぅゆみゃ)とは15世紀末から16世紀初めに宮古島一の勢力を持った豪族で、その仲宗根豊見親が父親のために建造したお墓が、宮古空港から3kmほど北上したところ、宮古島市役所の北側にあります。宮古島の在来の文化と沖縄の琉球文化の折衷様式で、宮古島と沖縄本島との文化交流を物語る史跡としてテレビなどでも取り上げられています。ちょっとした古代遺跡のような荘厳な雰囲気があり、宮古島の歴史を感じるスポットです。
歴史
仲宗根豊見親の墓は、仲宗根豊見親が父の真誉(まゆのふぁ)の霊を弔うために建立したお墓です。仲宗根豊見親は15世紀の1457~1464年頃に生まれ、15世紀末から16世紀初頭に宮古島の支配者として君臨し、16世紀初頭に亡くなりました。宮古島は沖縄本島から約290kmの海を隔てており、民族や文化、歴史、風習、言語も異なっていました。宮古の支配者となった仲宗根豊見親は、中山(琉球)による八重山征伐や与那国征伐の先鋒を務め、琉球王家に朝貢して忠誠を尽くしています。

見どころ
仲宗根豊見親の墓は、漲水海岸を見下ろす小高い丘の上にあり、前面には13段の階段状に石を積み上げ、その上に7基の石柱が並んでいます。宮古独自のミャーカ式と沖縄本島の横穴式の折衷様式になっており、宮古島一の巨大なお墓です。仲宗根豊見親は各村に税制を定め、中山(琉球)に年貢を収め朝貢関係を強化した人物です。1500年には八重山諸島(石垣島)の豪族を中山が責める際も先鋒を務め滅ぼしました。琉球王家には仲宗根豊見親が献上した「治金丸」という宝刀が伝わっています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    宮古の歴史を彩る英雄達が活躍した舞台、平良(ひらら)。ガイドと一緒に旧市街地の史跡や文化財をたどりながら、宮古島統一の歴史物語を楽しむまち歩きです。江戸時代中期につくられた井戸などを巡る「水と暮らし物語」を加えたロングコースもあります。

    JPY3,000

    毎日
    1.5時間 (午前)

宮古島の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

仲宗根豊見親の墓 (観光情報) | 宮古島観光| VELTRA(ベルトラ)

仲宗根豊見親(なかそね・とぅゆみゃ)とは15世紀末から16世紀初めに宮古島一の勢力を持った豪族で、その仲宗根豊見親が父親のために建造したお墓が、宮古空港から3kmほど北上したところ、宮古島市役所の北側にあります。宮古島の在来の文化と沖縄の琉球文化の折衷様式で、宮古島と沖縄本島との文化交流を物語る史跡としてテレビなどでも取り上げられています。ちょっとした古代遺跡のような荘厳な雰囲気があり、宮古島の歴史を感じるスポットです。