漲水石畳道 (観光情報) (観光情報) | 宮古島観光 VELTRA(ベルトラ)
漲水石畳道(はりみずいしだたみみち)は宮古空港の北へ約2~3kmの、宮古島市役所北側にある宮古島市指定の史跡です。かつての漲水石畳道は薩摩藩時代の政庁であった「蔵元」の南側にそって、漲水御嶽(はりみずうたき)から祥雲寺へと続いていた石畳の坂道です。残念ながら現在は3分の1しか残っていません。駐車場がないので車だとアクセスしにくいところですが、市役所周辺の駐車場を利用するか、周辺のホテルから歩いていくことができます。
歴史
1696年の大地震の復旧の土木事業の一環として、宮古の治山、土木工事が精力的にすすめられ、漲水石畳道も二間半に拡張されたと推測されています。18世紀初頭の薩摩藩の時代には政庁である蔵元にそって、漲水御嶽前から祥雲寺北東まで続いていました。明治の廃藩置県後もほぼ完全に残っていましたが、1921年に(大正10年)平良港の築港や1942年(昭和17年)の宮古神社移転工事、また第二次世界大戦によって戦後は3分の1のみが残っています。

見どころ
【漲水石畳道】漲水石畳道は17世紀に拡張工事がなされた石畳の道で、現在はかつての3分の1が残っています。市の史跡に指定され、宮古島の歴史を感じるスポットです。漲水御嶽や宮古神社を訪れる際に散策してみられてはいかがでしょうか。【漲水御嶽】御嶽はかつての琉球地方各地にある礼拝所で、本土でいう村の神社のように各地域や村に御嶽があり、守護神として各種の祭祀が行われていました。漲水御嶽は琉球王国の建国前から宮古島にあったもので、宮古島固有の神話と伝説の舞台となっています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    宮古の歴史を彩る英雄達が活躍した舞台、平良(ひらら)。ガイドと一緒に旧市街地の史跡や文化財をたどりながら、宮古島統一の歴史物語を楽しむまち歩きです。江戸時代中期につくられた井戸などを巡る「水と暮らし物語」を加えたロングコースもあります。

    JPY3,000

    毎日
    1.5時間 (午前)

宮古島の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

漲水石畳道 (観光情報) | 宮古島観光| VELTRA(ベルトラ)

漲水石畳道(はりみずいしだたみみち)は宮古空港の北へ約2~3kmの、宮古島市役所北側にある宮古島市指定の史跡です。かつての漲水石畳道は薩摩藩時代の政庁であった「蔵元」の南側にそって、漲水御嶽(はりみずうたき)から祥雲寺へと続いていた石畳の坂道です。残念ながら現在は3分の1しか残っていません。駐車場がないので車だとアクセスしにくいところですが、市役所周辺の駐車場を利用するか、周辺のホテルから歩いていくことができます。