大和井 (観光情報) (観光情報) | 宮古島観光 VELTRA(ベルトラ)
大和井(やまとがー)は宮古島の市街地近くにある古い石造りの井戸(がー)で、国の史跡に指定されています。珊瑚礁が隆起してできた宮古島は琉球石灰岩という地質で、雨水はすぐ地面に吸収されて地下水として海に流れ出てしまいますが、海岸近くにはその地下水が湧水となって噴き出している個所があり、地元の人たちの貴重な生活用水として利用されてきました。大和井は大きなくぼみの石段を降りた下にあり、見事な石細工や門の跡が残る史跡です。
歴史
宮古島は約15000年~4000年前ごろに珊瑚礁が隆起してできた島です。雨水はすぐに海に流れ出てしまい、川もないので、地下水の湧く井戸を生活用として利用していました。宮古島の市街地近くにある大和井は「大和井伝承」によると、1720年頃に造られ、琉球王府や薩摩藩から派遣された高級役人ための井戸として使用されていました。1992年(平成4年)12月18日 にすぐ近くにある「プトゥラガー」とともに「大和井」という名称で国の史跡に指定されました。

見どころ
大和井は30mほど陥没した形の大きな井戸で、周囲約20m、高さ約6mの円形の石積みの穴の底に石敷きの広場があり、その奥が水取り口とされています。広場まで折れ曲がった100段近い石段が続き、その途中には門が設けられていた跡があります。石段を降りた下にある「降り井(うりがぁ)」で、琉球や薩摩藩から派遣された高級役人専用の井戸であったとされています。史跡に含まれる「プトゥラガー」は庶民用で、さらに近くに家畜用の「ウプガー」もあります。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    宮古の歴史を彩る英雄達が活躍した舞台、平良(ひらら)。ガイドと一緒に旧市街地の史跡や文化財をたどりながら、宮古島統一の歴史物語を楽しむまち歩きです。江戸時代中期につくられた井戸などを巡る「水と暮らし物語」を加えたロングコースもあります。

    JPY3,000

    毎日
    1.5時間 (午前)

宮古島の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

大和井 (観光情報) | 宮古島観光| VELTRA(ベルトラ)

大和井(やまとがー)は宮古島の市街地近くにある古い石造りの井戸(がー)で、国の史跡に指定されています。珊瑚礁が隆起してできた宮古島は琉球石灰岩という地質で、雨水はすぐ地面に吸収されて地下水として海に流れ出てしまいますが、海岸近くにはその地下水が湧水となって噴き出している個所があり、地元の人たちの貴重な生活用水として利用されてきました。大和井は大きなくぼみの石段を降りた下にあり、見事な石細工や門の跡が残る史跡です。