知利真良豊見親の墓 (観光情報) (観光情報) | 宮古島観光 VELTRA(ベルトラ)
宮古空港から約2~3km北上すると知利真良豊見親の墓があります。知利真良豊見親は16世紀初頭に宮古島を支配した仲宗根豊見親の三男で、父とともに八重山(石垣島)討伐に従軍し勝利しました。父親の仲宗根豊見親墓と同じく、琉球と宮古島の折衷様式の墓で、すぐ隣にあります。また一族の側室の墓であるアトンマ墓とともに、「豊見親墓」として国の有形文化財に指定されています。知利真良豊見親の墓と仲宗根豊見親の墓は通りに面していますが、アトンマの墓は少し奥に入ったところにあります。
歴史
知利真良豊見親は16世紀初頭に宮古島を支配した仲宗根豊見親の三男です。宮古島は琉球の沖縄本島から約300km離れており、民族や文化、風習、言葉なども違っていましたが、宮古島支配を固めた仲宗根豊見親は琉球に従い、琉球に従わない八重山(石垣島)の「オヤケアカハチの乱(1500年)」の鎮圧の際に先鋒を務めました。知利真良豊見親は父とともに従軍し、乱の平定後は次男の祭金が4年在勤したあと知利真良豊見親が八重山守護職となり、そこで亡くなりました。墓が建造されたのは1750年頃と伝わっています。

見どころ
宮古島の中心を北上すると15世紀後半から16世紀初頭に宮古島を支配した仲宗根豊見親の墓があり、その隣に3男で八重山守護職を務めた知利真良豊見親の墓があります。宮古島在来の墓「みゃーか」と琉球の横穴様式の折衷様式ですが、仲宗根豊見親の墓は厳密には16世紀初頭に仲宗根豊見親が父の真誉之子豊見親ために建造した墓で、知利真良豊見親の墓は18世紀中ごろに建造されたもので、約200年も年代が違うため外観は異なります。知利真良豊見親の墓は保存状態が良く、宮古島の墓様式の変遷や石工技術を知る上で貴重な史跡でもあります。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    宮古の歴史を彩る英雄達が活躍した舞台、平良(ひらら)。ガイドと一緒に旧市街地の史跡や文化財をたどりながら、宮古島統一の歴史物語を楽しむまち歩きです。江戸時代中期につくられた井戸などを巡る「水と暮らし物語」を加えたロングコースもあります。

    JPY3,000

    毎日
    1.5時間 (午前)

宮古島の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

知利真良豊見親の墓 (観光情報) | 宮古島観光| VELTRA(ベルトラ)

宮古空港から約2~3km北上すると知利真良豊見親の墓があります。知利真良豊見親は16世紀初頭に宮古島を支配した仲宗根豊見親の三男で、父とともに八重山(石垣島)討伐に従軍し勝利しました。父親の仲宗根豊見親墓と同じく、琉球と宮古島の折衷様式の墓で、すぐ隣にあります。また一族の側室の墓であるアトンマ墓とともに、「豊見親墓」として国の有形文化財に指定されています。知利真良豊見親の墓と仲宗根豊見親の墓は通りに面していますが、アトンマの墓は少し奥に入ったところにあります。