久慶門 (観光情報) (観光情報) | 沖縄本島観光 VELTRA(ベルトラ)
沖縄県那覇市首里金城町にある首里城の外郭の北側にあります。「喜び誇る」を意味する「ほこり御門」とも言われています。歓会門は国王、中国の使者など男性が利用する門ですが、久慶門は女性の通用口でした。門の左手には寒水川樋川(すんがーひーじゃー)と呼ばれる湧水があります。見学ルート最後の門が久慶門です。ルート内は石畳の為スニーカーなど歩きやすい靴で行かれることをオススメします。門は朱では塗られておらず城壁の門である為歓会門と似た雰囲気がし貫録を感じます。
歴史
第31代尚真王によって造られたと言われています。第二次世界大戦によって焼失してしまい、戦後首里城跡には琉球大学が置かれましたが、多くの人々より首里城の再建を悲願され1983年に復元されました。アーチ状の城壁に苔のようなものが付き、復元されたとは思えない程堂々と昔からあったかの様な風格を感じます。2000年に世界遺産に登録されました。2006年には首里城が日本100名城100にも選ばれています。

見どころ
首里城は門が多く、久慶門は塗装されている訳ではないので華やかではないですが、琉球王国を感じる事の出来る門です。今では見学ルートの出口として利用されていますが、門を出た後振り返って門を正面から見てください。門の存在が圧巻ですよ。近くで見てもたいへん美しい門ですが、城壁の曲線美を堪能するなら広福門近くの北側からの眺望がお勧めです。夜にはライトアップされます。ライトアップされた首里城もロマンティックで素敵です。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    初めての方もリピーターの方も、わかりやすい歴史の裏話を織り交ぜた、何度訪れても楽しめる首里城めぐり。琉球王国時代の中心として繁栄を極めた王国体制を象徴するグスク(城)だった、首里城の魅力についてご紹介します!

    JPY1,000

    毎日
    (午前, 午後)

沖縄本島の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

沖縄本島 テーマから探す

久慶門 (観光情報) | 沖縄本島観光| VELTRA(ベルトラ)

沖縄県那覇市首里金城町にある首里城の外郭の北側にあります。「喜び誇る」を意味する「ほこり御門」とも言われています。歓会門は国王、中国の使者など男性が利用する門ですが、久慶門は女性の通用口でした。門の左手には寒水川樋川(すんがーひーじゃー)と呼ばれる湧水があります。見学ルート最後の門が久慶門です。ルート内は石畳の為スニーカーなど歩きやすい靴で行かれることをオススメします。門は朱では塗られておらず城壁の門である為歓会門と似た雰囲気がし貫録を感じます。