大阪キタにある国立国際美術館は、国内外の現代美術を中心として作品を集めて保管、展示をしています。他にも関連する調査や研究を目的として開館されています。日本万国博覧会開催の時に建設された万国博物美術館が活用をされています。30年間継続していましたが、施設が老朽化した為に、大阪の中之島にリニューアルオープンされました。現代美術以外には、人と美術との交流を目的としたパブリックゾーンも設けられており、快適に鑑賞をする事が出来るようになっています。
歴史
1975年に旧万国博美術館の建物を、万国博記念協会から譲り受け、2年後の1977年に国立国際美術館として設置されました。 1978年には大橋嘉一のコレクションから美術作品が828点、遺族により寄贈されています。 2001年に独立法人国立美術館に移行し、3年後の2004年に閉館記念式典が開催され、同年の11月には新館開館式典が開かれています。

見どころ
現代美術作品が多く収蔵されています。 展示会を積極的に開催しており、他にも講演会やシンポジウムやギャラリートーク等の会場にも利用されています。 建物の外観は、竹の生命力、現代美術の発展と成長を元にイメージしてデザインされました。 設計は、ワールド・ファイナンシャル・センターとウィンターガーデンを手がけたアルゼンチン人のシーザー・ペリです。 地下の1階では、入場料が必要の無いフリースペースとなっており、多くの人が集まる場所となっています。
0アクティビティ
1/0ページ

エリアからツアーを探す

国立国際美術館 (観光情報) | 大阪観光| VELTRA(ベルトラ)

大阪キタにある国立国際美術館は、国内外の現代美術を中心として作品を集めて保管、展示をしています。他にも関連する調査や研究を目的として開館されています。日本万国博覧会開催の時に建設された万国博物美術館が活用をされています。30年間継続していましたが、施設が老朽化した為に、大阪の中之島にリニューアルオープンされました。現代美術以外には、人と美術との交流を目的としたパブリックゾーンも設けられており、快適に鑑賞をする事が出来るようになっています。