通天閣(つうてんかく)の名は、日本人であれば誰しもが耳にしたことがある名です。まさに大阪を代表する建築物であり、大阪府外からの観光客も絶えることはありません。大阪新世界の中心部に建つ展望塔であり、国の登録有形文化財としても知られています。公式キャラクターである「ビリケンさん」は全国的にも非常に有名で、足を掻いてあげるとご利益がある幸運の神様として親しまれています。大阪府民の心のよりどころであると同時に、大阪で最も有名な観光名所でもあるのです。
歴史
初代通天閣は1912年7月3日に建設されました。当時東洋一の高さを誇っており、大阪府民に親しまれていました。この工事に当時17歳だった松下幸之助氏が配線工として参加していたことは、ちょっとした伝説になっています。しかし太平洋戦争中、火災で建物の脚部の強度が低下してしまい、「鉄材」を欲していた日本軍に軍事資材として奉納することになってしまったのです。しかしその後、新世界の地元住民らによって再建委員会が結成され、現在の二代目が建設されたのです。

見どころ
通天閣の名物といえば、「ビリケンさん」です。どんぐりのように尖った頭、吊り上った目つき、ふっくらした幼児体型が特徴の愛らしい幸運の神様です。じつはこのビリケンさん、アメリカの芸術家であるフローレンス・プリッツが自身の夢の中に登場した人物をモチーフに製作した像であり、1900年代の初頭に世界中で流行した「幸福の神様」なのです。しかし通天閣のビリケンさんが世界で最も愛されているビリケンさんであることは間違いなく、磨り減った足の裏がそれを物語っています。
1アクティビティ
1/1ページ
  1. 1800年の歴史を持つ住吉大社は全国にある約2300社の総本社。遣隋使、遣唐使が出立の際に必ずお参りしたという古代なにわの港の守護神でした。大阪で唯一走るちんちん電車に乗って天王寺、大阪のシンボル「通天閣」へ。串カツもぜひ味わってください。

    JPY4,000

    毎日
    3時間 (午前)

エリアからツアーを探す

通天閣 (観光情報) | 大阪観光| VELTRA(ベルトラ)

通天閣(つうてんかく)の名は、日本人であれば誰しもが耳にしたことがある名です。まさに大阪を代表する建築物であり、大阪府外からの観光客も絶えることはありません。大阪新世界の中心部に建つ展望塔であり、国の登録有形文化財としても知られています。公式キャラクターである「ビリケンさん」は全国的にも非常に有名で、足を掻いてあげるとご利益がある幸運の神様として親しまれています。大阪府民の心のよりどころであると同時に、大阪で最も有名な観光名所でもあるのです。