国立文楽劇場 (観光情報) (観光情報) | 大阪観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

国立文楽劇場

4.71
(7)
国立文楽劇場は人形で細やかな場面や感情を表現する日本独特の芸能、文楽専門の劇場で、建築家黒川紀章がデザインし、1984年に4番目の国立劇場としてオープンしました。阪神高速やビルが立ち並ぶ地域に、現代と歴史をつなぐイメージで、伝統の破風造りを現代流にアレンジ、周囲とマッチする黒を貴重にした建物です。文楽の伝統の意匠や舞台ではお馴染みの黒子の黒色を取り入れた工夫があります。すぐそばに日本橋駅や難波駅が最寄り駅で、大阪の繁華街の真ん中にあります。
歴史
文楽は娯楽の要素と日本文化の伝承の役割と2つを持っていて、発祥の地大阪に専用の劇場が無かった事から地元ミナミの文化人、多くの愛好者から切望されていました。1984年に悲願が叶って完成した劇場です。江戸時代末期に淡路の植村文化軒の人形浄瑠璃の小屋があったとされている場所の近くであり、竹本義太夫が1684年に道頓堀に竹本座を旗揚げしてからちょうど300年後という区切りのいい年に杮落としを迎えることになりました。

見どころ
文楽は2008年にユネスコの無形文化遺産に登録されています。この文楽を専門に楽しめる舞台として、発祥の地大阪に建設されたのが国立文楽劇場です。大阪の文化として江戸初期から続く舞台芸能であり、経済の要所として発達してきた大阪の人々の心を支えてきた娯楽で、口伝と代々の技の伝承で現代に残されています。周囲の近代的なビル、高速道路などがある中で、漆黒の建物は存在感があり重厚なイメージをかもし出しています。

大阪人気アクティビティランキング

国立文楽劇場の新着体験談

大阪ウォーキングツアー ミナミ・道頓堀で大阪の食と文化を味わおう<午前/南海なんば駅発/2.5時間>

また参加したーい!

2022/11/02 ひとりで えみちゃん

初めて訪れたなんば方面は、ガイドさんと私の2人で回りました。
神社、道頓堀、文楽劇場などテレビでは見慣れてはいましたが、歴史やそれに因んでの説明が興味深く印象に残ってます。
沢山写真も撮って頂き、感謝です。
美味しいたこ焼きを食べ、カ... 続きを読む

閉じる
大阪ウォーキングツアー ミナミ・道頓堀で大阪の食と文化を味わおう<午前/南海なんば駅発/2.5時間>

とても楽しい大阪ミナミウォーキングでした

2021/11/02 ひとりで ながっちゃん

街の様子を感じたり、歩いてなら行けるところも楽しみたくてウォーキングツアーに参加しました。
参加は私一人で、はじめは申し訳なく思いましたが、こちらの好みや要望を聴いてツアーの範囲で行けるところを提案してくださったりと、とても心のこもった対... 続きを読む

閉じる
大阪ウォーキングツアー ミナミ・道頓堀で大阪の食と文化を味わおう<午前/南海なんば駅発/2.5時間>

大阪の真ん中を堪能できました。

2021/10/16 カップル・夫婦 kino

最初は待ち合わせ場所がわからなく困りましたが、電話して確認できました。
ガイドさんは私と同年齢で会話が弾みとても楽しく案内していただけました。ガイドブックには載っていないいきた案内をしていただけたと思います。

大阪ウォーキングツアー ミナミ・道頓堀で大阪の食と文化を味わおう<午前/南海なんば駅発/2.5時間>

楽しかった!

2020/02/25 カップル・夫婦 Satmiyu

地元のガイドさんがとても親切で詳しくいろいろ教えてくれました。団体ツアーではいけない地元の情報満載のツアーです。

大阪ウォーキングツアー ミナミ・道頓堀で大阪の食と文化を味わおう<午前/南海なんば駅発/2.5時間>

道頓堀ウオーキングツアー

2019/06/13 カップル・夫婦 サスケ

案内してくれた方が、とても上品な方で、大阪のイメージが変わりました。
法善寺横丁などの案内はとても楽しい時間を過ごす事が出来ました。
今度、お願いする時はもっと長い時間を貰って、大阪人気質だとかを聞きたいものです。ただ今回は、海外旅行か... 続きを読む

閉じる
大阪ウォーキングツアー ミナミ・道頓堀で大阪の食と文化を味わおう<午前/南海なんば駅発/2.5時間>

なんばツアー

2017/11/08 カップル・夫婦 宗像のトラベルママ

主人と 私と ガイドさんの3人で 回りましたが とても楽しかったです。 いつもの旅行は 団体の中にガイド一人ですが 今回はちょっとセレブな 気分でした。 ガイドさんもとても丁寧に説明してくださり 大阪今昔を感じることができました。 多分個人... 続きを読む

閉じる
国立文楽劇場 (観光情報) (観光情報) | 大阪観光 VELTRA(ベルトラ)
国立文楽劇場は人形で細やかな場面や感情を表現する日本独特の芸能、文楽専門の劇場で、建築家黒川紀章がデザインし、1984年に4番目の国立劇場としてオープンしました。阪神高速やビルが立ち並ぶ地域に、現代と歴史をつなぐイメージで、伝統の破風造りを現代流にアレンジ、周囲とマッチする黒を貴重にした建物です。文楽の伝統の意匠や舞台ではお馴染みの黒子の黒色を取り入れた工夫があります。すぐそばに日本橋駅や難波駅が最寄り駅で、大阪の繁華街の真ん中にあります。