淀屋屋敷跡 (観光情報) (観光情報) | 大阪観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

淀屋屋敷跡

大阪の淀屋橋にぞの名を残す淀屋屋敷跡は、1万坪の広さの屋敷を構えていた豪商「淀屋」の屋敷跡です。所在地は、大阪府大阪市中央区北浜4丁目1であり、地下鉄淀橋駅から、徒歩5分の距離に位置しています。淀屋屋敷跡には、淀屋米市の繁栄ぶりを表す、当時の絵と、宮本又二郎氏の顕彰文からなる「淀屋の碑」があります。この碑は、中央区北浜の土佐堀沿いに建っています。淀屋の屋敷はこの辺りから、北浜にかけて約、33,000平方mの広さを持っていました。
歴史
淀屋は、江戸時代前期の大阪を代表する最大の豪商でした。淀屋の本姓は岡本であり、通称は三郎右衛門、辰五郎という称もありました。城州岡本の出身の人物です。豊臣氏が天下を取る際に大阪に出て、今の大川町である十三人町で淀屋と称した材木商を始めます。江戸時代、米は経済の中心的な存在でした。江戸時代の大阪で繁栄を極めた淀屋は、全国の米相場の基準となる「米市」を設立し、大阪が「天下の台所」と呼ばれる商都に発展するために、大きく寄与したとされています。

見どころ
淀屋屋敷跡は、碑があるだけなのですが、大阪市中央区谷町9丁目の「大仙寺」には、淀屋一族のお墓があります。大仙寺は、白壁越しに見ると、一見寺院という感じではなく、会社の事務所のような建物です。淀屋一族のお墓へのアクセス方法は、地下鉄「谷町9丁目」を下車して、谷町線を北へ約300m進んだ左手側となります。墓所の一番手前になる墓が、4代目となる重当の墓であり、淀屋の歴代当主の中では、もっとも豪勢な生活を送ったといわれています。1697年(元禄10年)没となります。

大阪人気アクティビティランキング

淀屋屋敷跡 (観光情報) (観光情報) | 大阪観光 VELTRA(ベルトラ)
大阪の淀屋橋にぞの名を残す淀屋屋敷跡は、1万坪の広さの屋敷を構えていた豪商「淀屋」の屋敷跡です。所在地は、大阪府大阪市中央区北浜4丁目1であり、地下鉄淀橋駅から、徒歩5分の距離に位置しています。淀屋屋敷跡には、淀屋米市の繁栄ぶりを表す、当時の絵と、宮本又二郎氏の顕彰文からなる「淀屋の碑」があります。この碑は、中央区北浜の土佐堀沿いに建っています。淀屋の屋敷はこの辺りから、北浜にかけて約、33,000平方mの広さを持っていました。