時の鐘 (観光情報) (観光情報) | 埼玉観光 VELTRA(ベルトラ)
埼玉県川越のシンボルでありランドマークの時の鐘。蔵造りの町並みは江戸の面影を残しとてもめずらしい建物です。地元では鐘撞堂(かねつきどう)と呼ぶ方が多いようです。約350年、川越で時を刻んでいます。この鐘の音は「残したい日本の音風景100選(環境省)」に選定されています。金がなるのは1日4回の機械式です。6:00、12:00、15:00、18:00に周辺にいれば情緒あふれる鐘の音を聞くことができます。
歴史
時の鐘は今から約400年前に川越藩藩主・酒井忠勝によって建設されました。これまで幾度かの火災により焼失していますが再建については、地元の方々が一丸となり取組み火災後の整備義捐金として寄付が募られたそうです。現在は4台めの1893年に起きた川越大火の翌年に再建されました。川越大火では町の3分の1が焼失した中で人々の暮らしに欠かせない「時」を告げる時計台は川替えの商人たちによっていち早く建て直されました。

見どころ
情緒あふれる蔵造りの町並みを楽しみながら、ひときわ高くそびえる時計台を遠くや近くから見るとまるで江戸時代へタイムスリップしたような感覚になります。いつまでも大切にしたい景色と音。時代がかわり時計台が機械式へと変化をしても昔と変わらず、この町並みに時を告げています。1日4回、時間の変化と空の色、蔵造りの明かり、町並みや風景を楽しみながら日本の音景色100選の鐘の音を聞くと小江戸の川越情緒を味わうことが出来ます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

埼玉の人気アクティビティランキング

時の鐘 (観光情報) | 埼玉観光| VELTRA(ベルトラ)

埼玉県川越のシンボルでありランドマークの時の鐘。蔵造りの町並みは江戸の面影を残しとてもめずらしい建物です。地元では鐘撞堂(かねつきどう)と呼ぶ方が多いようです。約350年、川越で時を刻んでいます。この鐘の音は「残したい日本の音風景100選(環境省)」に選定されています。金がなるのは1日4回の機械式です。6:00、12:00、15:00、18:00に周辺にいれば情緒あふれる鐘の音を聞くことができます。