川越城本丸御殿 (観光情報) (観光情報) | 埼玉観光 VELTRA(ベルトラ)
埼玉県川越市郭町にある県指定史跡です。本丸御殿の玄関は銅板葺の大唐破風屋根ををそなえ、内部には広間など6部屋が残っています。川越城本丸御殿は、嘉永元年(1848)に時の藩主松平斉典(なりつね)が造営したもので、16棟、1025坪の規模をもっていましたが、明治維新後次第に解体されていきました。現存しているのは玄関部分と、移築復元された家老詰所のみですが、埼玉県指定文化財になっています。
歴史
川越城(本丸御殿)は、関東官領の扇谷上杉持朝が長禄元年(1457)に家臣の太田道真・道灌父子に命じて築城させたものになります。築城当初の規模は、後の本丸・二の丸を合わせた程度と推定されています。徳川家康は江戸に入城した際、川越城には江戸の北を守る重要拠点として酒井氏が配置され、その後も幕府の要職にある大名が藩主に任じられました。寛永16年(1639)、川越藩主となった松平信綱[まつだいらのぶつな]は川越城の本格的な拡張・整備を行い、川越城は、本丸、二の丸、三の丸等の各曲輪、4つの櫓、13の門からなり、総面積が9万8千坪(約326、000㎡)余りの規模をもつ城郭となりました。

見どころ
本丸御殿には11面の杉戸絵が残り、松・竹林・蘆雁などが描かれており見事ですす。杉戸絵は、板地に絵が直接描かれたもので、建物の出入口や広縁を仕切ることなどに使用されていました。大広間など6室の周囲にめぐらされている板敷きの廊下は当時のおもむきがありタイムスリップしたかのような感覚になります。当時の調度品やかご、本丸御殿模型も展示されています。36畳もある大広間も見事です。大広間は城内の会議を行うときに使用されていた部屋になります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

埼玉の人気アクティビティランキング

川越城本丸御殿 (観光情報) | 埼玉観光| VELTRA(ベルトラ)

埼玉県川越市郭町にある県指定史跡です。本丸御殿の玄関は銅板葺の大唐破風屋根ををそなえ、内部には広間など6部屋が残っています。川越城本丸御殿は、嘉永元年(1848)に時の藩主松平斉典(なりつね)が造営したもので、16棟、1025坪の規模をもっていましたが、明治維新後次第に解体されていきました。現存しているのは玄関部分と、移築復元された家老詰所のみですが、埼玉県指定文化財になっています。