武蔵一宮氷川神社 (観光情報) (観光情報) | 埼玉観光 VELTRA(ベルトラ)
表参道である氷川参道は全長約2kmに及びます。境内地は約三万坪でたくさんの神社や池があり、慌ただしい都会の喧騒を忘れさせてくれる、そんな場所です。朱色が鮮やかな桜門は素晴らしく、門を抜けると本殿・拝殿が見えてきます。社殿は流造で伝統的な雰囲気が感じられます。また大きな屋根がどっしりと重厚感がり、氷川神社の中心だなと感じられます。アクセス方法は、電車でJR大宮駅東口、東武アーバンパークライン(東武野田線)北大宮駅から徒歩約15分。自動車でさいたま新都心西ICから約15分。岩槻ICから約20分です。
歴史
2000年以上のとてつもない歴史をもつと言われていて、大宮の地名の由来にもなった全国でも屈指の古社です。社伝によれば、第5代孝昭天皇3年4月に創建されたとされています。確かな文献では、平安時代中期の延喜5年に醍醐天皇が編纂を命じた法典「延喜式神名帳」に、名神大社(古来より霊験が著しいとされる名神を祀る神社のこと)として記されており、武蔵野に暮らす人々の信仰を集め、共にこの長い歴史を刻んできました。

見どころ
まず、長い氷川参道は、ケヤキをはじめクスノキ、サクラなど30種以上の樹木が約670本が立ち並び、そのうち20本が市の天然記念物として文化財指定され保存緑地指定を受けているので、ゆっくり歩きながら観覧するのも良いでしょう。また、氷川神社はパワースポットとしても人気があり、老若男女問わず訪れる所です。また5月大宮薪能・8月例大祭・12月大湯祭など数々の行事も行われます。桜や梅など季節の花々の名所にもなっています。初詣や十日町は人々で大いに賑わいます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

埼玉の人気アクティビティランキング

武蔵一宮氷川神社 (観光情報) | 埼玉観光| VELTRA(ベルトラ)

表参道である氷川参道は全長約2kmに及びます。境内地は約三万坪でたくさんの神社や池があり、慌ただしい都会の喧騒を忘れさせてくれる、そんな場所です。朱色が鮮やかな桜門は素晴らしく、門を抜けると本殿・拝殿が見えてきます。社殿は流造で伝統的な雰囲気が感じられます。また大きな屋根がどっしりと重厚感がり、氷川神社の中心だなと感じられます。アクセス方法は、電車でJR大宮駅東口、東武アーバンパークライン(東武野田線)北大宮駅から徒歩約15分。自動車でさいたま新都心西ICから約15分。岩槻ICから約20分です。