宝登山神社 (観光情報) (観光情報) | 埼玉観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
宝登山神社
宝登山神社は埼玉県秩父郡にある宝登山山麓にある神社で、秩父神社、三峯神社とともに秩父三社の一社です。祭神は、神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと、神武天皇)や大山祇神(おおやまづみのかみ)、火産霊神(ほむすびのかみ)が祀られており、地元だけではなく、関東一円から参拝者が年間約100万人訪れり神社です。祈願は毎日行われ、家内安全、商売繁盛、交通安全、金運招福等の御祈願を受け付けています。秩父鉄道長瀞駅から徒歩約8分です。宝登山山頂にある奥宮までは、ロープウェイを使い山頂駅から徒歩5分です。
歴史
宝登山神社の発祥は約1900年前にさかのぼると伝えられています。日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東国地方を平定するために宝登山山頂を目指していた際に山火事に襲われ、その山火事から助けてくれた二頭の犬が山頂まで導き、姿を消したそうです。日本武尊達は犬たちが上の使いであることを信じ、この山を「火止山(ホドヤマ)」と名付けて神をまつりました。2011年にミシュラン・グリーンガイド・ジャポン フランス語版改訂第2版に掲載され、一つ星の評価を受けています。

見どころ
「宝登山神社」の見どころは、まず1847年から1874年にかけて再建されており、本殿と拝殿でしょう。いたるところにある鮮やかな彫刻は見ごたえ十分です。また、少し歩くと着くところに天満天神社があります。菅原道真公が祀られています。宝登山神社境内にある日本武尊社から5月2日にご神霊をお載せした神輿を奥宮に迎えで、奥宮祭が行われています。

埼玉人気アクティビティランキング

宝登山神社 (観光情報) (観光情報) | 埼玉観光 VELTRA(ベルトラ)
宝登山神社は埼玉県秩父郡にある宝登山山麓にある神社で、秩父神社、三峯神社とともに秩父三社の一社です。祭神は、神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと、神武天皇)や大山祇神(おおやまづみのかみ)、火産霊神(ほむすびのかみ)が祀られており、地元だけではなく、関東一円から参拝者が年間約100万人訪れり神社です。祈願は毎日行われ、家内安全、商売繁盛、交通安全、金運招福等の御祈願を受け付けています。秩父鉄道長瀞駅から徒歩約8分です。宝登山山頂にある奥宮までは、ロープウェイを使い山頂駅から徒歩5分です。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜