お彼岸が近付くと、夏の終わりを告げるかのように田畑のあぜ道に咲きほこる彼岸花。曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれます。埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)は、西武池袋線で池袋から約1時間。高麗(こま)駅を降りて徒歩10分。お彼岸には約500万本の曼珠沙華の花が咲き誇り、真っ赤な夕陽を見ているかのようなます。高麗川の蛇行により作られた地形は、その形が巾着に似ていることから、巾着田と呼ばれるようになりました。
歴史
お彼岸の頃には、赤い花の絨毯が拡がる巾着田。毎年多くの人がその美しい光景を一目見ようと訪れます。1991年に市制施行によって日高市となったずっと前から、巾着田はその地形からそう呼ばれてきました。高麗川の清流と美しい原風景。四季折々に植物、木々を楽しめる巾着田ですが、中でも日本一の群生を誇る、秋の曼珠沙華は真っ赤な絨毯を敷き詰めたかのような美しい光景が、高麗川沿いに広がります。ハイキングコースにもピッタリな巾着田。贅沢なゆったりとした時間の流れを堪能出来ます。

見どころ
四季折々の風景を楽しませてくれる巾着田ですが、中でも曼珠沙華が咲き誇る風景は、巾着田の秋の風物詩と言えるでしょう。直径500メートル、約22ヘクタールの面積を持つ巾着田には、その全てが水田であったらしく、四季折々の花々を楽しむことが出来ます。しかし日本一を誇る、曼珠沙華の赤く彩られた光景に勝るものはありません。サンスクリット語で天界に咲く花と言われる曼珠沙華。おめでたい事が起こる前兆として、赤い花が天から降ってくるとのいわれもあります。おめでたい事が訪れるように、出掛けてみませんか。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

埼玉の人気アクティビティランキング

巾着田 (観光情報) | 埼玉観光| VELTRA(ベルトラ)

お彼岸が近付くと、夏の終わりを告げるかのように田畑のあぜ道に咲きほこる彼岸花。曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれます。埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)は、西武池袋線で池袋から約1時間。高麗(こま)駅を降りて徒歩10分。お彼岸には約500万本の曼珠沙華の花が咲き誇り、真っ赤な夕陽を見ているかのようなます。高麗川の蛇行により作られた地形は、その形が巾着に似ていることから、巾着田と呼ばれるようになりました。