喜多院 (観光情報) (観光情報) | 埼玉観光 VELTRA(ベルトラ)
喜多院(きたいん)は、埼玉県川越市にある天台宗の寺院です。山号は星野山です。良源(慈恵大師、元三大師とも)を祀り川越大師の別名で知られています。建物はほとんどが重要文化財に指定され、寺宝にも貴重な美術工芸品を多く有しています。広大な境内は池や掘を廻らせた景勝地となっています。1月3日の初大師(だるま市)、節分、長月護摩講塔、七五三、菊祭りなど諸行事はもちろん、四季折々の行楽客で賑わいます。境内にある五百羅漢の石像も有名です。
歴史
天長7年(830)、慈覚大師円仁により創建された星野山無量寿寺が始まりとされています。慶長4年(1599)、27世を継いだ慈眼大師天海が徳川家康の厚い信頼を得て、寺領48000坪及び500万石を下し、寺勢盛んとなりました。寛永15年(1638)の火災後の再建時には、江戸城内の 「徳川家光誕生の間」が書院、「春日局化粧の間」が客殿として移築されました。現在、多くの文化財や正月3日の初大師・だるま市、五百羅漢などの見どころや行事があり、川越大師として親しまれ、参詣の方々が訪れます。    

見どころ
喜多院の名物「五百羅漢」は、実にいろいろな表情があっていつまで見ていても飽きないです。笑ってたり、泣いてたり、怒っていたり、ヒソヒソ話をするものあり、知り合いに似てるのを発見したりと、本当に面白いです。また、手にしている物もいろいろで、仏具、日用品、動物を従えていたりと、観察のしがいがあります。また文化財指定の客殿(徳川家光誕生の間)、書院(春日局化粧の間)も見ごたえがあります。江戸城ゆかりの建造物や品々を見ることが出来、歴史上の時代を感じることが出来ます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

埼玉の人気アクティビティランキング

喜多院 (観光情報) | 埼玉観光| VELTRA(ベルトラ)

喜多院(きたいん)は、埼玉県川越市にある天台宗の寺院です。山号は星野山です。良源(慈恵大師、元三大師とも)を祀り川越大師の別名で知られています。建物はほとんどが重要文化財に指定され、寺宝にも貴重な美術工芸品を多く有しています。広大な境内は池や掘を廻らせた景勝地となっています。1月3日の初大師(だるま市)、節分、長月護摩講塔、七五三、菊祭りなど諸行事はもちろん、四季折々の行楽客で賑わいます。境内にある五百羅漢の石像も有名です。