鉄道博物館は、埼玉県さいたま市大宮区大成町にある、鉄道に関する博物館です。東日本旅客鉄道(JR東日本)の創立20周年記念事業のメインプロジェクトとして、また、2006年(平成18年)5月14日に閉館した交通博物館に替わる施設として、2007年(平成19年)10月14日の鉄道の日に開館しました。公益財団法人東日本鉄道文化財団が運営しています。愛称は鉄博(てっぱく)と呼ばれています。アクセスは、JR大宮駅からニューシャトルで3分、鉄道博物館駅にて下車し約徒歩1分です。
歴史
2004年(平成16年)2月16日、JR東日本が万世橋前の交通博物館をさいたま市へ移転し、「鉄道博物館」として開館することを発表します。鉄道博物館は、大きくはヒストリーゾーンとラーニングゾーンに分かれています。ヒストリーゾーンでは実物の車両を展示の中心として、鉄道の技術史を分かりやすく解説しています。ラーニングゾーンでは実物の部品や模型などを使用して、鉄道の原理や仕組みなどを体験的に学習することができます。その他にも体験型の施設が充実した博物館です。 

見どころ
鉄道博物館では紙のチケットは一切ありません。JR東日本のIC乗車券「Suica(スイカ)」を利用します。なお「Suica」ではなく、「PASMO(パスモ)」「モバイルSuica」でも可能です。入館するには、エントランスにある電子チケット販売機で、みなさんが日頃使っているお手持ちの「Suica」等を使って電子チケットを購入します。また、入退館システム以外にも、予約が必要なアトラクションでも「Suica」等を使用するほか、館内のレストランやミュージアムショップ(売店)などでは「Suica」電子マネーが利用可能です。入館から退館まで、一切現金を使うことなく過ごせます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

埼玉の人気アクティビティランキング

鉄道博物館 (観光情報) | 埼玉観光| VELTRA(ベルトラ)

鉄道博物館は、埼玉県さいたま市大宮区大成町にある、鉄道に関する博物館です。東日本旅客鉄道(JR東日本)の創立20周年記念事業のメインプロジェクトとして、また、2006年(平成18年)5月14日に閉館した交通博物館に替わる施設として、2007年(平成19年)10月14日の鉄道の日に開館しました。公益財団法人東日本鉄道文化財団が運営しています。愛称は鉄博(てっぱく)と呼ばれています。アクセスは、JR大宮駅からニューシャトルで3分、鉄道博物館駅にて下車し約徒歩1分です。