河津桜まつりが行われている河津町は静岡県の伊豆半島東岸にある町です。早春の2月に満開となる早咲きの河津桜で有名な町で、時期になると多くの観光客で賑わっています。会場に電車で行く場合は特急踊り子号で行くことができます。東京から河津駅まで2時間40分ほどで到着します。新幹線や在来線を使って行く場合は熱海駅で乗り換えて伊豆急下田駅行きに乗って行くことができます。桜まつりの時期は渋滞が予想されますが、車でも行くことができます。
歴史
河津桜の原木は河津町田中の飯田勝美氏が1955年頃に偶然発見し、発見した桜の苗を飯田氏宅の庭に植えたものです。1966年頃から開花が見られるようになり、1月下旬から約1ヶ月にわたって淡い紅色の花が咲き続けました。伊東市に住んでいた勝又氏が1968年頃から河津桜を増殖しはじめ、河津桜の普及に大きく貢献しました。1974年に桜の原木が河津町にあることから河津桜と命名され、1975年に河津町の木に指定されました。

見どころ
河津桜まつりではいろいろなイベントが行われています。実行委員会賛助会出店コーナーや商工会賛助店コーナーでは期間中毎日150軒ものお店が並んでいます。地元産の食べ物などや露店などが並び、花見をしながら買い物を楽しむことができます。夜になるとライトアップされるので、昼間とはまた違った桜を堪能することができます。河津平安の仏像展示館では期間中特別展示をしているので、桜だけでなく歴史にも触れることができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

静岡の人気アクティビティランキング

河津桜まつり (観光情報) | 静岡観光| VELTRA(ベルトラ)

河津桜まつりが行われている河津町は静岡県の伊豆半島東岸にある町です。早春の2月に満開となる早咲きの河津桜で有名な町で、時期になると多くの観光客で賑わっています。会場に電車で行く場合は特急踊り子号で行くことができます。東京から河津駅まで2時間40分ほどで到着します。新幹線や在来線を使って行く場合は熱海駅で乗り換えて伊豆急下田駅行きに乗って行くことができます。桜まつりの時期は渋滞が予想されますが、車でも行くことができます。