掛川花鳥園は静岡県掛川市にある、花と鳥とのふれあいが楽しめることで人気となっているテーマパークです。このテーマパークは、広大な敷地内に大温室や大きな池、スイレンプール、エミュー牧場などを備えており、ケージに入っていない鳥たちとふれあえる体験が出来ることが特徴となっています。掛川花鳥園へのアクセスは、車の利用なら東名高速道路の掛川ICより5分ほど走った位置になります。
歴史
このテーマパークは、静岡県出身の鳥類コレクター・園芸研究家の加茂元照が手がけ、2003年9月20日に開園しました。加茂元照は日本花菖蒲協会の名誉会長でもあり、1957年に加茂花菖蒲園(現在は加茂荘花鳥園に名称変更)を開園したのをはじめとして、静岡県、島根県、兵庫県などの各地に観光農園のテーマパークである花鳥園をオープンさせ、運営してきた人物です。なお、掛川花鳥園の運営会社は有限会社掛川花鳥園となっています。

見どころ
掛川花鳥園は、様々なフクロウやペンギン、白鳥などの人気の鳥たちをすぐ近くで見られることが最大の魅力です。その中では、敵が近づくと警戒して体を小さくする動きがテレビで有名になったアフリカオオコノハズクなどの珍しい鳥もたくさん見ることが出来ます。他にも、迫力あるバードショーを見たり、鳥たちと記念写真が撮れることも貴重な体験となりますし、園内で出会える種類豊富なスイレンやインパチェンス、ブーゲンビリア、ベゴニアなどの花々も目を楽しませてくれます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

静岡の人気アクティビティランキング

掛川花鳥園 (観光情報) | 静岡観光| VELTRA(ベルトラ)

掛川花鳥園は静岡県掛川市にある、花と鳥とのふれあいが楽しめることで人気となっているテーマパークです。このテーマパークは、広大な敷地内に大温室や大きな池、スイレンプール、エミュー牧場などを備えており、ケージに入っていない鳥たちとふれあえる体験が出来ることが特徴となっています。掛川花鳥園へのアクセスは、車の利用なら東名高速道路の掛川ICより5分ほど走った位置になります。