伊豆 三津シーパラダイス (観光情報) (観光情報) | 静岡観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
伊豆 三津シーパラダイス
伊豆 三津シーパラダイスはバンドウイルカやイルカなどの成育で知られる水族館です。国内でも歴史の古い水族館として知られており、イルカやアシカのショーが見られるショーステージを備えています。車を利用する場合は新東名高速道路長泉の沼津インターチェンジ、もしくは東名高速道路沼津インターチェンジから、伊豆長岡インターチェンジ経由で来場し、立体駐車場の利用が可能となっています。電車利用時の最寄駅は、伊豆箱根鉄道駿豆線伊豆長岡駅となります。
歴史
1930年、伊豆 三津シーパラダイスは中之島水族館として開業しました。1954年には三津天然水族館と改名、1977年5月には伊豆・三津シーパラダイスと再度名前を改め、新機軸の水族館として新たに出発しました。国内でも類を見ない、革新的な育成に挑戦する水族館として知られ、日本国内では初めてセイウチの育成に成功したことでも知られています。現在でもイルカ、ラッコ、トド、セイウチなど、育成の難しい海洋生物の飼育を続けています。

見どころ
古くから日本にあり水族館として伊豆 三津シーパラダイスでは日本で始めてラッコの繁殖に成功しました。イルカショーにも力を入れており、バンドウイルカなどのイルカ達がショーステージの水を巻き上げながら元気に跳ね回る様子が、観光客の注目を集めています。また、ゴムボートに乗ってのイルカとの触れ合い体験など珍しいイベントも開催しており普段は触れることもできないイルカとごく近く触れ合える貴重な体験となっています。

静岡人気アクティビティランキング

伊豆 三津シーパラダイス (観光情報) (観光情報) | 静岡観光 VELTRA(ベルトラ)
伊豆 三津シーパラダイスはバンドウイルカやイルカなどの成育で知られる水族館です。国内でも歴史の古い水族館として知られており、イルカやアシカのショーが見られるショーステージを備えています。車を利用する場合は新東名高速道路長泉の沼津インターチェンジ、もしくは東名高速道路沼津インターチェンジから、伊豆長岡インターチェンジ経由で来場し、立体駐車場の利用が可能となっています。電車利用時の最寄駅は、伊豆箱根鉄道駿豆線伊豆長岡駅となります。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜