迎賓館赤坂離宮 (観光情報) (観光情報) | 東京観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
その他のカテゴリー
観光情報

迎賓館赤坂離宮

4.64
迎賓館赤坂離宮は、徳川家の江戸中屋敷のあった敷地に、明治42年に東宮御所として建設されたものです。当時、日本の一流建築家や美術工芸家が総力を上げて建設された日本における唯一のネオ・バロック様式の洋風建築物でした。昭和49年の開館以来、世界各国の国王や大統領、首相などの国賓、公賓がこの迎賓館に宿泊し、政財学界要人との会談、レセプション、天皇皇后両陛下のご訪問など外交活動の舞台として使われて来た事から、外交の重要な一翼を担う施設です。
歴史
迎賓館赤坂離宮は、鹿鳴館等の設計をした、外国人建築家ジョサイア・コンドルの弟子、宮廷建築家片山東熊の設計により、元紀州藩の屋敷跡に建てられました。しかし、ネオ・バロック様式の外観が余りにも華美に過ぎる事、住居としての使い勝手が良くなかった事から、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)は、ここを殆ど使用しませんでした。嘉仁親王が天皇に即位した後、離宮として扱われる事となり、その名称は赤坂離宮と改められました。2009年2月8日、旧東宮御所として国宝に指定され、明治以降の文化財としては初の国宝となりました。

見どころ
迎賓館赤坂離宮では年に一度、夏に、内部を含めた特別一般公開されます。鉄骨補強煉瓦石造、地上2階(地下1階)、延床面積:1万5000平方メートル本館には、彩鸞の間・花鳥の間・朝日の間・羽衣の間・東の間・中央階段と二階に大ホールがあって、見学可能総数は2万人となり、見学の申し込み受け付け及び、公開期間の日付は年により日時を決められました。見学当日は、公的機関が発行した顔写真付き身分証が必要で、見学者名簿と照合されます。

東京人気アクティビティランキング

迎賓館赤坂離宮の新着体験談

はとバス 迎賓館赤坂離宮 本館内部見学とホテル雅叙園東京「百段階段」<4~11月/東京駅発>

初めてのハトバス

2022/11/06 カップル・夫婦 コロン

とても満足
大変気のつくガイドさんで一日が楽しく過ごすことが出来、家内と二人でまた あのガイドさんのバスでに乗りたいねと思っています

はとバス 迎賓館赤坂離宮 本館内部見学とホテル雅叙園東京「百段階段」<4~11月/東京駅発>

初めての利用

2022/10/23 カップル・夫婦 ナオアキ

初めてハトバスを利用しましたがとても楽しかったです

また違うコースを利用したいです  

東京の知らないところがあり説明を受けて新しい発見がありました

はとバス 迎賓館赤坂離宮 本館内部見学とホテル雅叙園東京「百段階段」<4~11月/東京駅発>

迎賓館赤坂離宮

2022/10/09 カップル・夫婦 jojo

当日は大雨で大変でしたがツアーの内容はとても良かったです、ガイドさんもてきぱきしていて快適なバスツアーでした。

はとバス 迎賓館赤坂離宮 本館内部見学とホテル雅叙園東京「百段階段」<4~11月/東京駅発>

はとバス 百段階段、迎賓館、ホテル雅叙園東京

2022/09/19 家族 かぞく

迎賓館、ホテル、東京タワー、最高でした
日頃テレビでしか見てない中の様子がゆっくり見学できて満喫できました
そして、久々に東京タワーを見学して中が随分変わっててまた楽しむことが出来ました
料理が豪華でしたが、もう少し種類が豊富だと良か... 続きを読む

閉じる
はとバス 迎賓館赤坂離宮 本館内部見学とホテル雅叙園東京「百段階段」<4~11月/東京駅発>

迎賓館赤坂離宮が最高、ほかにも魅力的なスポットあり

2022/08/29 カップル・夫婦 砂の女

一番印象的だったのは、赤坂離宮の豪華な建物。ひとつひとつの部屋には、彫刻や絵画がほどこされ、全部を心行くまで鑑賞するには一日では短すぎるほど。期待どおりの満足度だった。意外におもしろかったのは、雅叙園東京の百段階段。霊界の生き物が奇抜な形で... 続きを読む

閉じる
【都民割引キャンペーン】2階建てオープンバス 都心部を中心に走るシティコース&お台場の夜景の中を走るベイコースなど<無料Wi-Fi搭載/GPS付自動音声ガイド>

寒かったけど、最高の夜景ドライブ

2022/06/23 小さなお子様連れ YFH

友達親子と4人で参加しました。
年末の寒い中でしたが、ブランケットにくるまってみる、都内の夜景ドライブは楽しかったです。
待ち合わせ場所を間違えてしまいましたが、臨機応変に対応していただき参加することができました。

楽しかったです... 続きを読む

閉じる
迎賓館赤坂離宮 (観光情報) (観光情報) | 東京観光 VELTRA(ベルトラ)
迎賓館赤坂離宮は、徳川家の江戸中屋敷のあった敷地に、明治42年に東宮御所として建設されたものです。当時、日本の一流建築家や美術工芸家が総力を上げて建設された日本における唯一のネオ・バロック様式の洋風建築物でした。昭和49年の開館以来、世界各国の国王や大統領、首相などの国賓、公賓がこの迎賓館に宿泊し、政財学界要人との会談、レセプション、天皇皇后両陛下のご訪問など外交活動の舞台として使われて来た事から、外交の重要な一翼を担う施設です。