吾妻橋 (観光情報) (観光情報) | 東京観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
吾妻橋
隅田川に個性と歴史のある12本の橋の一つに吾妻橋があります。東京都道463号・上野月島線吾妻橋支線(雷門通り)を通します。橋の西岸には浅草一丁目があり神谷バー等浅草中心に近く、東岸にはアサヒビール等墨田リバーサイド地区があります。橋のほぼ南側には、桜の名所として著名な隅田公園があります。各線の浅草駅は、この吾妻橋の西側にあります。長さ150メートル、幅20メートルの壮大な橋は、人や物を渡し続けている東京でも有数の観光スポットであります。
歴史
創架は、寛永3年(1774年)10月17日で、それまでは「竹町の渡し」と呼ばれていた渡し舟の場所でありました。明和6年(1769年)町人らの嘆願が幕府に許可され、着工後5年で橋が完成しました。当時は長さ150メートル、幅6.5メートルほどで武士以外の全ての通行人から通行料を徴収していました。隅田川が大川と呼称されていたことから、大川橋と呼ばれていました。明治9年(1876年)2月に木橋として最後の架け替えが行われた際、正式に吾妻橋と命名されました。その後関東大震災で木製の橋板が焼け落ちてしまい、昭和6年(1931年)6月に三連のアーチが特徴の現在の姿になりました。また、平成5年(1993年)薄い青から雷門の色に習い、赤色に塗り替えられました。

見どころ
街歩きコースとして、桜で有名な墨堤と吾妻橋コースが人気です。200年以上前より、江戸の人々が風流を楽しむ場所として今も残る歴史の面影を感じるところです。また吾妻橋から浜離宮、日の出桟橋と続く隅田川水上バスは、東京スカイツリーに金色のオブジェで有名なアサヒビールタワー、大相撲が開かれる両国国技館、魚河岸の築地市場など見どころがたくさんあります。東京湾から乗船すると常に新しい何かを発見することができ、楽しい気持ちにさせてくれます。

東京人気アクティビティランキング

吾妻橋 (観光情報) (観光情報) | 東京観光 VELTRA(ベルトラ)
隅田川に個性と歴史のある12本の橋の一つに吾妻橋があります。東京都道463号・上野月島線吾妻橋支線(雷門通り)を通します。橋の西岸には浅草一丁目があり神谷バー等浅草中心に近く、東岸にはアサヒビール等墨田リバーサイド地区があります。橋のほぼ南側には、桜の名所として著名な隅田公園があります。各線の浅草駅は、この吾妻橋の西側にあります。長さ150メートル、幅20メートルの壮大な橋は、人や物を渡し続けている東京でも有数の観光スポットであります。