多摩川 (観光情報) (観光情報) | 東京観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
その他のカテゴリー
観光情報
多摩川
多摩川は、山梨県東部・秩父山地の笠取山あたりを発し、東京都を貫流し東京湾に注ぐ多摩川水系の本流であり一級河川です。下流は東京都と神奈川県の県境を担い、河口付近は六郷川と呼ばれています。全長138キロメートル、流域面積約1240平方キロメートルの首都圏の一級河川でありますが護岸化されていない部分もあり、川辺の野草・野鳥の種類も多く自然豊かな河川であります。多摩川河川敷では例年多くの家族連れの花見客で賑わいます。
歴史
多摩川は、以前より大雨のたびに氾濫を起こして堤防が決壊しました。江戸時代には幕府の治水事業に携わり「暴れ多摩川」の治水に努めた田中丘隅は、下流部における瀬替えや連続堤の築造を行い、全国各地の河川土木技術に大きな影響力をもたらしました。度重なる氾濫によって大正3年(1914年)9月16日住民が立ち上げって完成させたのが、有吉堤です。昭和49年(1974年)9月には19戸の民家が流失し、飲み込まれていく姿がテレビ放映された狛江水害は、戦後最大規模の洪水として語り継がれています。多摩川決壊の碑、多摩川水害のモニュメントが当時の状況を思い出させてくれます。

見どころ
多摩川への関心を高めて河川環境整備の方向性をさぐる目的で市民の投票をもとに昭和59年(1984年)、多摩川八景が選定されました。御岳渓谷、玉川上水、多摩大橋付近の河原、二子玉川兵庫島、奥多摩湖、秋川渓谷、多摩川台公園、多摩川の河口の8つです。また八景を含む「多摩川50景」にも選定されました。多摩川流域リバーミュージアムは、多摩川流域を大きな博物館と捉え共有・学習できるように、多摩川の魅力を探る見どころの一つです。

東京人気アクティビティランキング

多摩川 (観光情報) (観光情報) | 東京観光 VELTRA(ベルトラ)
多摩川は、山梨県東部・秩父山地の笠取山あたりを発し、東京都を貫流し東京湾に注ぐ多摩川水系の本流であり一級河川です。下流は東京都と神奈川県の県境を担い、河口付近は六郷川と呼ばれています。全長138キロメートル、流域面積約1240平方キロメートルの首都圏の一級河川でありますが護岸化されていない部分もあり、川辺の野草・野鳥の種類も多く自然豊かな河川であります。多摩川河川敷では例年多くの家族連れの花見客で賑わいます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜