恵比寿ガーデンプレイス (観光情報) (観光情報) | 東京観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
その他のカテゴリー
観光情報
恵比寿ガーデンプレイス
恵比寿ガーデンプレイスは渋谷区恵比寿と目黒区三田にまたがる高層ビルの複合施設で、1994年(平成6年)に開業しました。事業主であるサッポロビールの本社があり、オフィスビル、百貨店などのショッピング施設、レストラン、ホテル、映画館、集合住宅、美術館などがあり、国土交通省の都市景観100選を受賞しています。入口のエントランスパビリオンには大きなからくり時計が設置され、12・15・18時の3回、音楽に合わせて人形が登場して時を告げます。
歴史
恵比寿ガーデンプレイスのある場所にはかつてサッポロビールの工場があり、1994年に再開発されました。1887年(明治20年)に日本麦酒醸造(現サッポロビール・ホールディングス)は、当時の目黒村三田から渋谷村にまたがるこの場所に工業を設立し「エビスビール」の製造を始めました。日本鉄道(現JR)がエビスビールを運搬するために恵比寿駅を開設したことから町名も恵比寿になりました。1988年(昭和63年)には周辺の都市化により工場は郊外へ移転しましたが、その跡地が1994年の再開発で恵比寿ガーデンプレイスとして生まれ変わりました。

見どころ
恵比寿ガーデンプレイスは明治時代に造られたサッポロビール工場の原点で、長く親しまれてきた「エビスビール記念館」もあります。恵比寿ガーデンプレイスタワーは高さ167メートルの高層オフィスビルで三越百貨店や「グラススクエア」、「エスパシオ」などが入居し、ショッピングやグルメを楽しむことができます。またクリスマスには幻想的なイルミネーションで装飾されるのでおすすめです。JR恵比寿駅から約400mと近くスカイウォークという動く歩道で移動できます。

東京人気アクティビティランキング

恵比寿ガーデンプレイス (観光情報) (観光情報) | 東京観光 VELTRA(ベルトラ)
恵比寿ガーデンプレイスは渋谷区恵比寿と目黒区三田にまたがる高層ビルの複合施設で、1994年(平成6年)に開業しました。事業主であるサッポロビールの本社があり、オフィスビル、百貨店などのショッピング施設、レストラン、ホテル、映画館、集合住宅、美術館などがあり、国土交通省の都市景観100選を受賞しています。入口のエントランスパビリオンには大きなからくり時計が設置され、12・15・18時の3回、音楽に合わせて人形が登場して時を告げます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜