秋葉原電気街 (観光情報) (観光情報) | 東京観光 VELTRA(ベルトラ)
秋葉原電気街は世界でも有数の電化製品や電子部品を扱う店が並ぶ街です。特に電気部品の小売店が多く、1坪~2坪という小さなお店が総武線のガード下に密集しています。全国展開しているヨドバシカメラやヤマダ電気などの大型量販店もこの電気街から育っていきましたが、1990年代からは地価の安い郊外に大型量販店が多くなったため、秋葉原電気街の大型家電量販店は衰退し、代わってパソコンやゲーム関連の専門店や、アニメやサブカルチャーの発信地になっています。
歴史
明治2年(1869年 )に神田相生町は大火に見舞われ、その後、防火のご利益がある社が建立され秋葉神社と呼ばれるようになりました。戦前は材木屋が多く建ち並んでいましたが、戦後は米軍や旧日本軍の払下げの電子部品などを扱う闇市が並び、昭和30年代には家電製品を扱う小売店や、電気部品を扱う小売店がひしめくように並ぶ電気街が形成されていきました。その中から大型家電量販店が育ち、現在はパソコンやゲームの専門店やアニメグッズのショップが主流になっています。

見どころ
秋葉原電気街は家電店や電子部品の店が並ぶ街で、中央通りは毎週日曜日13時から18時まで歩行者天国となり、日本国内はもとより海外からも多くの人が押し寄せるスポットとして賑わっています。もともと電子部品を買って自分で組み立てるのが好きな学生などをターゲットにするお店が多かったため、小さな電子部品店が密集していますが、現在はアニメやサブカルチャーの発信地で、オタクの聖地として海外にも広く知られています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    Akiba Deep Travelのスタンダードツアー。秋葉原の定番スポットをバランスよく巡ります。 メイドカフェ1ドリンクまたは女の子が握る「なでしこ寿司」のお寿司のサービス付き。

    JPY6,200

    毎日
    2時間 (午後)

東京の人気アクティビティランキング

秋葉原電気街 (観光情報) | 東京観光| VELTRA(ベルトラ)

秋葉原電気街は世界でも有数の電化製品や電子部品を扱う店が並ぶ街です。特に電気部品の小売店が多く、1坪~2坪という小さなお店が総武線のガード下に密集しています。全国展開しているヨドバシカメラやヤマダ電気などの大型量販店もこの電気街から育っていきましたが、1990年代からは地価の安い郊外に大型量販店が多くなったため、秋葉原電気街の大型家電量販店は衰退し、代わってパソコンやゲーム関連の専門店や、アニメやサブカルチャーの発信地になっています。