明治神宮は東京都渋谷区にある神社で、明治天皇と昭憲皇太后(皇后)を主祭神としてお祀りしています。JR山手線原宿駅西側に広がる明治神宮の境内地は約70万平方mの広さで、全国13000人の自発的な勤労奉仕により建設されました。日本国内や朝鮮、台湾から365種約12万本の献木があり、計画的に植樹されました。現在も都心部の貴重な緑地として親しまれているだけでなく、人工林を自然林化したことでも注目されています。宝物殿は国の重要文化財に指定されています。
歴史
明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后を祀る神社で、1920 (大正9年)に創建されました。明治天皇は1912年(明治45年)に崩御され京都の伏見桃山陵に葬られましたが、天皇を敬愛する東京市民から東京に神宮を建設したいという運動起こり、1914年(大正3年)に昭憲皇太后(皇后)が崩御されると、明治神宮の創建が本格的に決定されました。全国の13000人もの国民が自主的に勤労奉仕に参加し、1915年(大正4年)から開始され、1920 (大正9年)に鎮座祭が行われました。

見どころ
【明治神宮】明治神宮は明治天皇と皇后をお祀りする神社で、東京都心部にありながら、緑溢れる神聖なパワースポットとして知られています。初詣は大晦日から正月三が日で300万人にものぼる、日本一の参拝者が訪れることで知られています。【明治神宮御苑】御苑は明治神宮の境内です。江戸時代初期には加藤家の下屋敷で、東京には珍しい「清正井」という湧水があります。その後は井伊家の下屋敷となり隔雲亭という茶室もある美しい庭園です。明治時代には代々木御苑と称され、明治天皇、昭憲皇太后もたびたび訪れられたゆかりの深い名苑で、明治天皇が昭憲皇太后のために植えさせられた菖蒲田の花菖蒲が6月中旬~下旬に見事に花開きます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

東京の人気アクティビティランキング

明治神宮 (観光情報) | 東京観光| VELTRA(ベルトラ)

明治神宮は東京都渋谷区にある神社で、明治天皇と昭憲皇太后(皇后)を主祭神としてお祀りしています。JR山手線原宿駅西側に広がる明治神宮の境内地は約70万平方mの広さで、全国13000人の自発的な勤労奉仕により建設されました。日本国内や朝鮮、台湾から365種約12万本の献木があり、計画的に植樹されました。現在も都心部の貴重な緑地として親しまれているだけでなく、人工林を自然林化したことでも注目されています。宝物殿は国の重要文化財に指定されています。