雷門 (風雷神門)は、東京都台東区浅草にある、東京最古の寺院、「浅草寺」の表参道入口にある朱塗りの山門です。雷門は切妻造の八脚門で、門の右の間に風神像、左の間に雷神像が安置されていることから、正式には「風雷神門」といます。門内には浅草寺の看板的な存在の大提灯が吊り下げられています。この灯篭は約700kgの重さがあり、「雷門」の文字が大きく描かれています。浅草寺の雷門と灯篭は外国人観光客にも大変人気があり、海外向けのパンフレットなどにもよく使われていて、日本のシンボルとして広く知られています。
歴史
浅草寺は628年(推古天皇36年)に創建された東京最古の寺院です。941年には安房国の太守、平公雅が武蔵国への配置転換を祈願し、翌年に願いが叶ったことから伽藍を寄進して天下泰平と五穀豊穣を祈願しました。初代の雷門はその際に造られたとされています。雷門という名称は江戸時代にはすでにありましたが、いつから使われていたかは不明です。その後度々火災で焼失し、1866年(慶応元年)も火災に見舞われ、その後100年近くは仮説の門となっていました。日露戦争の凱旋門としても雷門が建てられましたが、現在の雷門は昭和35年(1960年)に実業家の松下幸之助氏が浅草観音に祈願して病気が治ったことから、お礼として寄進したものです。

見どころ
ここからご記入ください。【雷門 (風雷神門)】東京最古の寺院で、日本の象徴的存在として海外にも知られる浅草寺の「雷門」は、門の右に風神象、左に雷神象を安置した見事な山門で、初代は平安時代に造られ、現在の門は昭和時代に実業家の松下幸之助氏によって寄贈されたものです。江戸の下町の風情を漂わせる美しい門です。【浅草寺】浅草寺は628年(推古天皇36年)に創建されたと伝わる、東京最古の寺院として知られています。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」「浅草の観音様」として親しまれています。雷門の他にも、重要文化財の「二天門」や国指定の名勝の「伝法院庭園」、「五重塔」、江戸の下町情緒を漂わせる参道の「仲見世通り」などがあり、東京でも人気のスポットとなっています。
4アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 雷門と浅草寺だけじゃない!江戸情緒あふれる場所、昭和レトロな通りなど、定番スポットだけではない浅草を発見できる人力車プランです。経験、知識豊富な車夫の軽快なトークを聞きながら、東京下町の様々な表情お楽しみください。

    JPY3,000

    毎日
    0.5 ~ 1.5時間 (午前, 午後, 夜)
  2. 江戸の情緒と昭和の郷愁が入り混じる、東京一の観光名所をご案内致します。浅草下町の歴史と風情を、風と共に感じてみませんか?浅草寺から東京スカイツリーまで、見所満載の各コースをご用意!

    JPY2,000

    グループ割引
    毎日
    0.5 ~ 2時間 (午前, 午後, 夜)
  3. 心地よい動きと、飽きない視界を。人力車で1時間をかけて浅草を巡るコースです。「江戸昭和下町巡り」「神社仏閣巡り」「浅草穴場巡り」「向島庭園巡り」の4つのコースをご用意しております。
    送迎付き

    JPY13,000

    毎日
    1時間 (午前, 午後, 夜)
  4. 心地よい動きと、飽きない視界を。人力車で30分かけて浅草を巡るコースです。「江戸風情下町巡り」「昭和レトロ下町巡り」「東京スカイツリー巡り」「待乳山巡り」の4つのコースをご用意しております。
    送迎付き

    JPY7,000

    毎日
    0.5時間 (午前, 午後, 夜)

東京の人気アクティビティランキング

雷門 (風雷神門) (観光情報) | 東京観光| VELTRA(ベルトラ)

雷門 (風雷神門)は、東京都台東区浅草にある、東京最古の寺院、「浅草寺」の表参道入口にある朱塗りの山門です。雷門は切妻造の八脚門で、門の右の間に風神像、左の間に雷神像が安置されていることから、正式には「風雷神門」といます。門内には浅草寺の看板的な存在の大提灯が吊り下げられています。この灯篭は約700kgの重さがあり、「雷門」の文字が大きく描かれています。浅草寺の雷門と灯篭は外国人観光客にも大変人気があり、海外向けのパンフレットなどにもよく使われていて、日本のシンボルとして広く知られています。