東京駅赤レンガ駅舎は、レトロな明治の西欧風赤レンガ造りのロマンティックな建造物ですが、第二次世界大戦の東京大空襲で破壊されました。戦後は高度経済成長の波とともにメガシティ東京の玄関口として繁栄してきた東京駅ですが、明治のころの、あの美しい東京駅の姿を復元しようというプロジェクトが開始され、風情ある「東京駅赤レンガ駅舎」が2012年の10月1日に復元され開業しました。復元後は夜にライトアップも行われ、東京の新名所として人気を集めています。
歴史
東京駅は日清・日露戦争後の1908年に建設が開始され、第一次世界大戦が起こった1914年(大正3年)に開業しました。この年、日本は連合国側として参戦し、ドイツ租借地であった中国の青島を占領ました。この際に陸軍司令官が皇居へ凱旋する儀式に合わせて、首都の中心駅として東京駅を開業しました。東京駅は関西の神戸まで伸びていた新橋駅と私鉄・日本鉄道の上野駅を結ぶ首都の中心的な駅として建設されました。江戸時代からの繁華街である京橋側でなく当時まだ野原だった丸の内に向き建設されたのは、皇居の向かう形で、国家的威信を示すためであったと言われています。その後、関東大震災、東京大空襲で壊滅的な被害を受け、2012年に開業当時の東京駅赤レンガ駅舎が復元されました。

見どころ
東京駅赤レンガ駅舎は明治時代の西洋建築の駅舎で、大正時代に開業しました。戦争で破壊されたものの2012年には開業当時の姿が復元され、東京の新名所として人気を集めています。東京駅赤レンガ駅舎は南北にそれぞれドーム型の屋根があり、開業当時は丸の内南口が乗車口、丸の内北口が降車口と分けて使用されていました。東京駅は皇居に向かって造られ、当時の中央玄関は皇室専用で、美しく繊細な装飾が施されていました。見どころは風情ある赤レンガの外観と、夜のライトアップです。またドームの内側の装飾も手が込んでいて見事です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

東京の人気アクティビティランキング

東京駅 赤レンガ駅舎 (観光情報) | 東京観光| VELTRA(ベルトラ)

東京駅赤レンガ駅舎は、レトロな明治の西欧風赤レンガ造りのロマンティックな建造物ですが、第二次世界大戦の東京大空襲で破壊されました。戦後は高度経済成長の波とともにメガシティ東京の玄関口として繁栄してきた東京駅ですが、明治のころの、あの美しい東京駅の姿を復元しようというプロジェクトが開始され、風情ある「東京駅赤レンガ駅舎」が2012年の10月1日に復元され開業しました。復元後は夜にライトアップも行われ、東京の新名所として人気を集めています。