東京都恩賜上野動物園は東京都台東区の上野恩賜公園内にある動物園で、通称「上野動物園」と呼ばれています。明治15年(1882年)に開園した日本で最も古い動物園として知られ、現在は約500種類、3260頭あまりの動物を飼育管理しています。上野動物園のシンボルで最も人気の高い「ジャイアントパンダ」をはじめ、ホッキョクグマ、ゾウやキリン、ペンギンなども人気を集めています。他にも、オカピ、コビトカバなどの世界三大珍獣も飼育されています。
歴史
東京都恩賜上野動物園は明治15年(1882年)に開園した日本最古の動物園です。上野動物園のある上野恩賜公園には有名な西郷隆盛の銅像が建っていますが、ここは江戸城の鬼門(丑寅)の方角にあたるため、三代将軍・徳川家光は鬼門を封じるために寛永寺を建立しました。1968年、明治維新の際に、戊辰戦争の局地戦である上野戦争では、旧幕府軍の彰義隊が寛永寺に立てこもり激戦が繰り広げられました。江戸時代に将軍家の墓所として権勢を誇った寛永寺は大伽藍のほとんどを消失し、その後1873年に日本政府によって公園に指定され、1876年に開園し、1882年に日本初の動物園が開館しました。

見どころ
上野動物園は上野駅から徒歩5分の便利な立地もあり、都心に近いことから多くの観光客が訪れる動物園です。特に上野動物園のシンボルである「ジャイアントパンダ」が人気を集めています。希少な「スマトラタイガー」や「ニシローランドゴリラ」などを見ることもできておすすめです。上野公園内は東園と西園に分かれていて、両園は日本初のモノレールである都営モノレール(上野懸垂線)で結ばれており、重要文化財の旧寛永寺「五重塔」も敷地内にあります。西園のなかよし広場では、ヤギやヒツジとふれあうことができます。また上野公園は桜の名所としても知られているので、お花見スポットとしても知られています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

東京の人気アクティビティランキング

東京都恩賜上野動物園 (観光情報) | 東京観光| VELTRA(ベルトラ)

東京都恩賜上野動物園は東京都台東区の上野恩賜公園内にある動物園で、通称「上野動物園」と呼ばれています。明治15年(1882年)に開園した日本で最も古い動物園として知られ、現在は約500種類、3260頭あまりの動物を飼育管理しています。上野動物園のシンボルで最も人気の高い「ジャイアントパンダ」をはじめ、ホッキョクグマ、ゾウやキリン、ペンギンなども人気を集めています。他にも、オカピ、コビトカバなどの世界三大珍獣も飼育されています。