東京都三鷹市にある「三鷹の森ジブリ美術館 (正式名・三鷹市立アニメーション美術館) 」は、「迷子になろうよ、いっしょに。」をキャッチコピーにした不思議な美術館で、「千と千尋の神隠し」など数多くのジブリ作品で有名な宮崎駿監督が館主を務めています。館内は迷路のようになっていて、アニメーション映画がどのように誕生するかを体感する常設展示室をはじめ、ここでしか見られない短編アニメを上映する小さな映画館やネコバスルーム、カフェ、ミュージアムショップなどがあります。所要2時間で、チケットは日時指定予約制になっています。
歴史
三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)は、三鷹市の井の頭恩賜公園内に2001年(平成13年)10月にオープンしました。2007年からは「三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー」として世界のアニメ映画の配給やテレビ放送も行っています。2001年のオープン以来、毎年1年ターンの企画展を開催していています。たとえば2001年10月~2002年9月までは「千と千尋の神隠し展」、2002年10月~2004年5月「天空の城ラピュタと空想科学の機械達展」で、2014年5月~2015年5月は「クルミわり人形とネズミの王さま展」が開催されています。

見どころ
三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)では、アニメーション製作スタジオ風景の再現や、歴代ジブリ作品の絵コンテなどの資料を見ることができ、また子供が入って遊べる「となりのトトロ」の「ネコバスルーム」や、オリジナルメニューの「カフェ麦わら」などが人気を集めています。入場は時間予約制で、あらかじめローソンのLoppiにて日時指定の入場引換券を購入する必要があります。入場時間は1日4回で、入場指定時間から30分後までしか入場できません。1回目:10時、2回目:12時、3回目:14時、4回目:16時です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

東京の人気アクティビティランキング

三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館) (観光情報) | 東京観光| VELTRA(ベルトラ)

東京都三鷹市にある「三鷹の森ジブリ美術館 (正式名・三鷹市立アニメーション美術館) 」は、「迷子になろうよ、いっしょに。」をキャッチコピーにした不思議な美術館で、「千と千尋の神隠し」など数多くのジブリ作品で有名な宮崎駿監督が館主を務めています。館内は迷路のようになっていて、アニメーション映画がどのように誕生するかを体感する常設展示室をはじめ、ここでしか見られない短編アニメを上映する小さな映画館やネコバスルーム、カフェ、ミュージアムショップなどがあります。所要2時間で、チケットは日時指定予約制になっています。