国立科学博物館は自然科学を専門分野とする博物館です。施設は東京都に2か所と茨城県つくば市の1か所に分散していますが、ここで紹介する国立科学博物館は、東京都台東区の上野恩賜公園内にある上野本館で、「人類と自然の共存をめざして」をテーマとした「日本館」と「地球館」の2つの展示館があります。日本館では、日本列島の生い立ちから、鉱物、地質、気候、生物、複雑な自然環境などについて展示され、太古の地層から発見されたナウマンゾウの骨や化石なども見ることができます。地球館では恩賜上野動物園で飼育されていてすでに死亡したジャイアントパンダや世界に4体しかないニホンオオカミの剥製のうちの1体が展示されています。
歴史
国立科学博物館の上野本館は上野恩賜公園内にありますが、その起源は1872年に「湯島聖堂」に設立された博物館で、1877年に「教育博物館」として創設されました。その後大正時代に科学博物館の設立の機運が高まったことから、1930年に上野恩賜公園内に新館(現・日本館)が創設され、翌1931年に「東京科学博物館」と改称されました。戦後1949年には現在の「国立科学博物館」となり、茨城県のつくば市にも「筑波実験植物園」が作られ、現在の国立科学博物館の基盤が出来上がりました。

見どころ
国立科学博物館の上野本館は自然科学の博物館で「日本館」と「地球館」があり、保有資料は407万点にものぼり、常時約1万4000点が展示されています。非常に貴重な資料や、江戸時代の地球儀など文化財に指定されているものも多く、展示内容が充実しています。地球館では、恐竜の骨、剥製、零戦、人工衛星なども展示され迫力があります。日本館では日本列島の成り立ちや気候、地質、風土、天文や暦などを見ることができます。クラシカルな建物も素晴らしく、家族で楽しめる博物館です。ジャイアントパンダやニホンオオカミの剥製など、他では見ることができないのでぜひご覧になってみてください。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

東京の人気アクティビティランキング

国立科学博物館 (観光情報) | 東京観光| VELTRA(ベルトラ)

国立科学博物館は自然科学を専門分野とする博物館です。施設は東京都に2か所と茨城県つくば市の1か所に分散していますが、ここで紹介する国立科学博物館は、東京都台東区の上野恩賜公園内にある上野本館で、「人類と自然の共存をめざして」をテーマとした「日本館」と「地球館」の2つの展示館があります。日本館では、日本列島の生い立ちから、鉱物、地質、気候、生物、複雑な自然環境などについて展示され、太古の地層から発見されたナウマンゾウの骨や化石なども見ることができます。地球館では恩賜上野動物園で飼育されていてすでに死亡したジャイアントパンダや世界に4体しかないニホンオオカミの剥製のうちの1体が展示されています。