新宿御苑は、東京メトロ新宿御苑前駅1番出口から徒歩5分の、都心にある公園です。敷地面積は58.3ha、周囲3.5kmの広大な庭園で、数少ない「風景式庭園」の名作とされています。他にも日本庭園や玉藻池をはじめ、プラタナス並木が美しいフランス式庭園などもあります。新宿御苑は2月~3月には約300本の紅白の梅が咲く、東京の梅の名所として知られています。他にも桜や水仙、椿など、特に冬から春にかけては数々の見事な花が開き、都心のオアシスとして親しまれています。
歴史
江戸時代には信州高遠藩主・内藤家の下屋敷が置かれていたこの地は、明治39年に皇室の庭園として「新宿御苑」が造営され、観桜会や観菊会などが開催されていました。第二次世界戦後は国民の公園として多くの市民に親しまれてきました。日本庭園や玉藻池をはじめイギリス風景式庭園などがあります。梅の名所として知られ、梅以外にも、水仙、桜、椿、クリスマスローズ、ハクモクレン、ハナモモなど、特に冬から春にかけて、季節の花が美しく咲き誇ります。

見どころ
【新宿御苑】江戸時代は高遠藩の内藤家下屋敷、明治時代は皇室の庭園とされた美しい庭園です。園内各所の梅林に約300本の紅白のウメが植栽されていて、2月中旬~3月中旬には見事な梅の花を観賞することができます。酒類や遊具類は禁止ですのでご注意ください。【聖徳記念絵画館】明治天皇と昭憲皇太后(皇后)を永く後世に伝えるために大正15年(1926)に造営されました。明治天皇と昭憲皇太后の御事蹟を伝える大壁画が年代順に展示されていて、年代を追って鑑賞することができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

東京の人気アクティビティランキング

新宿御苑 (観光情報) | 東京観光| VELTRA(ベルトラ)

新宿御苑は、東京メトロ新宿御苑前駅1番出口から徒歩5分の、都心にある公園です。敷地面積は58.3ha、周囲3.5kmの広大な庭園で、数少ない「風景式庭園」の名作とされています。他にも日本庭園や玉藻池をはじめ、プラタナス並木が美しいフランス式庭園などもあります。新宿御苑は2月~3月には約300本の紅白の梅が咲く、東京の梅の名所として知られています。他にも桜や水仙、椿など、特に冬から春にかけては数々の見事な花が開き、都心のオアシスとして親しまれています。