靖国神社(靖國神社)は、東京都千代田区の九段に鎮座する神社で、明治維新以降、国のために戦争などで殉じた軍人や軍属等のご英霊を祭神として祀る神社です。現在は246万6584柱のご英霊が靖国神社に祀られています。特に第二次世界大戦では213万3915柱と多くの方が国のために殉じられました。現在は見解の違いもありますが、当時は「国のために戦死したら靖国神社に英霊として祀られる」というのが日本国と日本軍兵士との約束であり常識でした。戦争という国難にあたって自らの命を犠牲にされた方はほとんどが10代、20代、30代の若い人たちで、学生や少年兵もたくさんいらっしゃいました。こういった多くの若い方々の犠牲の上に今の平和な日本という国があることに感謝し、戦争の悲劇を二度と繰り返さないようにと誓いを新たにする場が靖国神社なのです。
歴史
明治天皇の命により、戊辰戦争の戦死者を祀るために1869年(明治2年)「東京招魂社」が創建されました。後に、1853年(嘉永6年)の黒船来航以降の動乱で殉じた人達も合祀されるようになり、1904年(明治37年)から翌年にかけての日露戦争から戦死者は「英霊」と称されるようになり、1879年(明治12年)には明治天皇が自ら「靖国神社」と改名されました。靖国の「靖」という字は「平和」「静けさ」を意味し、つまり「靖国」とは「平和の国」の意で、靖国に祀られているご英霊は国を護るために尊い命を捧げた「国の守護神」であり、現在も多くの人々の尊崇を集めています。

見どころ
靖国神社は日本人にとって特別で神聖な神社です。靖国神社の祭礼は、「春季例大祭(4月21日から23日)」、「季例大祭(0月17日から20日)」、「みたままつり(7月13日から16日)」が有名で、多くの人が訪れます。第二次世界大戦の終戦記念日である8月15日には、戦争遺族の方や靖国神社を支持する人が全国から集まり、国のために命を捧げたご英霊をお祀りすると同時に二度と戦争がないように祈ります。また靖国神社は普通の神社と同じく初詣や観光にも年間を通して多くの人が訪れ、近年は10代や20代という若い人たちにも人気があります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

東京の人気アクティビティランキング

靖国神社 (観光情報) | 東京観光| VELTRA(ベルトラ)

靖国神社(靖國神社)は、東京都千代田区の九段に鎮座する神社で、明治維新以降、国のために戦争などで殉じた軍人や軍属等のご英霊を祭神として祀る神社です。現在は246万6584柱のご英霊が靖国神社に祀られています。特に第二次世界大戦では213万3915柱と多くの方が国のために殉じられました。現在は見解の違いもありますが、当時は「国のために戦死したら靖国神社に英霊として祀られる」というのが日本国と日本軍兵士との約束であり常識でした。戦争という国難にあたって自らの命を犠牲にされた方はほとんどが10代、20代、30代の若い人たちで、学生や少年兵もたくさんいらっしゃいました。こういった多くの若い方々の犠牲の上に今の平和な日本という国があることに感謝し、戦争の悲劇を二度と繰り返さないようにと誓いを新たにする場が靖国神社なのです。