二天門 (観光情報) (観光情報) | 東京観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
その他のカテゴリー
観光情報
二天門
5.00
浅草寺境内の東側、浅草神社の鳥居の右手に位置する門で、国の重要文化財に指定されています。仏教の守護神である四天王のうちの二体、「増長天」と「持国天」が安置されていることから「二天門」と呼ばれていますが、もともとは現在の浅草神社の位置にあった「東照宮」の「随身門」として建てられたものでした。この浅草東照宮は寛永19(1642)年の火災で消失しましたが、影向堂前の石橋と、この門は焼け残り、明治になってから像を入れ替え「二天門」と改められました。
歴史
「随身門」であった頃は、豊岩間戸命と櫛岩間戸命の二神が祀られていて「矢大神門」とも呼ばれていました。明治期になって神社と寺院をはっきり区別する「神仏分離」の考え方のもと、神道の二神の像が廃されて、仏教の守護神である四天王の像を安置することになりました。最初の二天は鎌倉鶴岡八幡宮の経蔵にあったものでしたがこの像は第二次大戦中に修理先で消失し、その後、上野寛永寺の巌有院霊廟から移した二天の像が祀られています。

見どころ
最後の太政大臣である三条実美によって明治16(1883)年に書かれた「二天門」の額と、二天の勇壮な姿が見どころです。四天王像は武装して邪鬼を踏みつけている迫力ある姿で造詣されます。この門では、南方を守護する「増長天」が左側、東方を守護する「持国天」が右側に配置され、「増長天」は右手で法具を掲げ左手を腰におき、「持国天」は右手を腰にあてて左手を掲げる対称的なポーズを取っています。門の様式は「本瓦葺」「切妻造り木造朱塗り八脚門」で、慶安2(1649)年頃の建立とされています。

東京人気アクティビティランキング

二天門の新着体験談

Wonderful summer experience in Tokyo

2021/07/25 カップル・夫婦 HiroJAPAN

We rode just one area but it's surely fun. Friendly staff tellp us interesting stories around Asakusa even to local Japa... 続きを読む

閉じる

1歳の子供が大喜びでした!

2020/12/21 小さなお子様連れ Carol

最初は初めての人力車に緊張していた様子の子供も、
お兄さんが名前を沢山呼んで「しゅっぱーつ!」とお声がけしてくださったおかげですっかりお兄さんにも慣れ、楽しんでいる様子でした。
乗る前も、写真を撮ってくださる際も、マメに消毒をしていらっ... 続きを読む

閉じる

GOTO で浅草泊まり

2020/12/14 カップル・夫婦 まーちゃん

人力車は初めて利用しました。乗りごこちは良く、毛布の二重にして寒く無かったです。GOTO のおかげ体験です。旅館が貸し切りでゆっくり出来ました。

また乗りたくなる!

2019/11/12 小さなお子様連れ まきんぼ

担当の俥夫さんは好きなコースを選ばせてくれましたし、同乗した4歳の子供の相手も笑顔でしてくれました。オススメのお店や、浅草の豆知識などを聞きながら、乗り心地の良い人力車で下町をぶらり、良い気分でした。すれ違う子供たちはみんな羨ましそうに見て... 続きを読む

閉じる

記念日にふさわしい経験になりました。

2019/03/14 カップル・夫婦 ハルハル

妻と二人で利用しました。朝のうちは酷い雨でしたが、予約の時間には晴天となり人力車日和になりました。若い車夫の方の知識にも驚かせられました。
何度も訪れている浅草ですが、かなり遠方まで案内してくれて普段見られない
浅草を楽しみました。みな... 続きを読む

閉じる

快適でした

2016/11/23 家族 Sakura

浅草は何度も来ていますが、人力車に乗ったのは初めてでした。人力車から見る景色はいつもとは違ってとても楽しめました。車夫さんが所どころ止まって説明をしてくれたり、写真をとってくれたりと親切な対応に満足しました。機会があればまた利用したいです。

二天門 (観光情報) (観光情報) | 東京観光 VELTRA(ベルトラ)
浅草寺境内の東側、浅草神社の鳥居の右手に位置する門で、国の重要文化財に指定されています。仏教の守護神である四天王のうちの二体、「増長天」と「持国天」が安置されていることから「二天門」と呼ばれていますが、もともとは現在の浅草神社の位置にあった「東照宮」の「随身門」として建てられたものでした。この浅草東照宮は寛永19(1642)年の火災で消失しましたが、影向堂前の石橋と、この門は焼け残り、明治になってから像を入れ替え「二天門」と改められました。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜