相倉合掌造り集落 (観光情報) (観光情報) | 富山観光 VELTRA(ベルトラ)
相倉合掌造り集落とは、富山県南砺市に存在する集落です。豪雪地帯であるこの地域ならではの合掌造りという建築様式によって建てられた古民家の集落で、その歴史的価値を認められユネスコ世界遺産に登録されています。住所は富山県南砺市相倉、アクセスはJR城端線城端駅よりバスに乗車し、相倉口で下車、徒歩で3分です。もしくはJR高岡駅から世界遺産バスに乗車しても良いでしょう。自動車の場合には東海北陸自動車道の五箇山インターチェンジよりおよそ20分です。
歴史
相倉合掌造り集落に現存している合掌造りの家屋のほとんどは、江戸時代の末期から明治時代にかけて建てられた家屋です。最も古いものは17世紀に建てられたと考えられています。かつてガスも電気もなかった時代に、この地方特有の厳しい豪雪を乗り切るために、合掌造りという独特の建築様式が生まれました。五箇山はかつて、峠向こうの城端町との交易によって集落の生計が成り立っていました。相倉は交易に利用された街道筋に位置しており、人の往来の多い地域でした。

見どころ
相倉合掌造り集落の見どころは、四季折々の景色と、その中で暮らす人々の生活です。里に春が来ると、のどかな田園風景の中で田植えや窓張り、春祭りなどが行われます。夏から秋にかけては青々と茂る緑の中、紅く色づいた紅葉の中、稲刈りや冬支度が行われます。そしてまた冬が来ると、集落は白で覆われ、人々はひたすら雪かきに追われるのです。四季の中でも、この冬の集落こそが、合掌造り集落としての本質を表している真の姿といえるかもしれません。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


富山の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

相倉合掌造り集落 (観光情報) | 富山観光| VELTRA(ベルトラ)

相倉合掌造り集落とは、富山県南砺市に存在する集落です。豪雪地帯であるこの地域ならではの合掌造りという建築様式によって建てられた古民家の集落で、その歴史的価値を認められユネスコ世界遺産に登録されています。住所は富山県南砺市相倉、アクセスはJR城端線城端駅よりバスに乗車し、相倉口で下車、徒歩で3分です。もしくはJR高岡駅から世界遺産バスに乗車しても良いでしょう。自動車の場合には東海北陸自動車道の五箇山インターチェンジよりおよそ20分です。