黒部平 (観光情報) (観光情報) | 富山観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

黒部平

黒部平とは、富山県中新川郡立山町にある黒部平駅をさすある種の略称です。黒部平駅は立山黒部貫光黒部ケーブルカーの鉄道駅、および立山ロープウェイの索道駅です。標高はおよそ1828メートルで、ケーブルカーの駅として、または鉄のレールで走る鉄道の駅として、日本一標高が高い駅としても知られています。室堂駅が鉄道駅となるまで、日本一標高の高い鉄道駅でした。駅構造は地下駅のケーブルカー、地上駅のロープウェイの二層構造で、黒部平庭園と呼ばれる庭園の中に駅が設置されています。駅舎にはお土産屋さんやレストランも併設されており、毎年シーズンになると観光客でにぎわう駅です。
歴史
黒部平駅の歴史は1969年、昭和で44年の7月20日に黒部ケーブルカーの黒部御前駅として開設したことに始まります。1970年7月25日に立山ロープウェイも開業し、この年に現在の黒部平駅と改称になりました。

見どころ
黒部平駅の見どころとなるのは、やはりその美しい長めです。そのあまりにも美しい景観から、立山黒部貫光株式会社では「オコジョも酔わす黒部源流」と銘打たれているのです。黒部平駅はお土産屋さんにもお勧めの商品があります。黒部峡大吟醸です。精米歩合40パーセントの酒造好適米である「山田錦」を使用した日本酒で、低温でじっくり発行させてあります。まろやかで上品な舌触りと風味、そしてフルーティな香りがたまりません。水の美しいこの土地ならではの味わいなのです。旅行の際にはこれを自分へのお土産とし、宿で一杯やるのも良いでしょう。もちろん酒好きな隣人へのお土産としても最適です。

富山人気アクティビティランキング

黒部平 (観光情報) (観光情報) | 富山観光 VELTRA(ベルトラ)
黒部平とは、富山県中新川郡立山町にある黒部平駅をさすある種の略称です。黒部平駅は立山黒部貫光黒部ケーブルカーの鉄道駅、および立山ロープウェイの索道駅です。標高はおよそ1828メートルで、ケーブルカーの駅として、または鉄のレールで走る鉄道の駅として、日本一標高が高い駅としても知られています。室堂駅が鉄道駅となるまで、日本一標高の高い鉄道駅でした。駅構造は地下駅のケーブルカー、地上駅のロープウェイの二層構造で、黒部平庭園と呼ばれる庭園の中に駅が設置されています。駅舎にはお土産屋さんやレストランも併設されており、毎年シーズンになると観光客でにぎわう駅です。