高岡大仏 (観光情報) (観光情報) | 富山観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

高岡大仏

高岡大仏とは、富山県高岡市にある大仏です。大佛寺にある銅像の阿弥陀如来坐像で、高岡市の主要観光スポットとなっています。奈良の大仏や鎌倉の大仏とならぶ「日本三大仏」を自称していますが、客観的に見て奈良や鎌倉の大仏とは歴史も格も差がありすぎるため、一般的には認められていません。しかし小杉大仏、庄川大仏と並ぶ越中三大仏としては認められています。与謝野晶子がこの地を訪れた際に「鎌倉の大仏より美男子」と評したことが伝わっています。
歴史
高岡大仏の歴史は、1221年にまで遡ります。源義勝によっておよそ5メートルの木造大仏が二上山麓に建立されたのが始まりです。1609年に前田利家によってこの大仏が移転されましたが、後に焼失してしまいます。1745年になると坂下町の極楽寺15代住職、等誉上人の手によって金色の木造大仏が再建されましたが、これも1821年に焼失してしまいます。そして1841年に再度再建されたのですが、これも1900年に燃えてしまいました。度重なる火災から火に強い大仏を造ろうという声が高まり、1933年に現在の大仏が完成したのです。

見どころ
富山県の観光サイトには、高岡大仏は「奈良や鎌倉の大仏と並ぶ日本三大仏」と紹介されています。もちろん奈良や鎌倉の大仏と並ぶほど格式が高いわけでもなく、知名度もはるかに劣りますので、地域活性のための、ある種の「ネタ」として自称しているのでしょう。しかし、そのような紹介を受けてこの大仏を拝観してみると、なんだかすごく頑張っている営業さんのような大仏に見えてきてしまいます。なのでこの大仏を拝観する際にはそのような先入観を捨ててみてください。銅像の立派な阿弥陀如来に、素直に感動することでしょう。

富山人気アクティビティランキング

高岡大仏 (観光情報) (観光情報) | 富山観光 VELTRA(ベルトラ)
高岡大仏とは、富山県高岡市にある大仏です。大佛寺にある銅像の阿弥陀如来坐像で、高岡市の主要観光スポットとなっています。奈良の大仏や鎌倉の大仏とならぶ「日本三大仏」を自称していますが、客観的に見て奈良や鎌倉の大仏とは歴史も格も差がありすぎるため、一般的には認められていません。しかし小杉大仏、庄川大仏と並ぶ越中三大仏としては認められています。与謝野晶子がこの地を訪れた際に「鎌倉の大仏より美男子」と評したことが伝わっています。